2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

2017年4月19日 (水)

「教育勅語」と「十七条の憲法」

◆森友学園問題に端を発した「教育勅語」が俄然注目を集めるようになった。私の友人で明治神宮まで出かけ、ペーパーをもらってきた人がいる。その印刷物には、「教育勅語原文」及び「口語文訳」、発布の意図を分かりやすく説明した「明治天皇と教育勅語」、そして勅語の要点を記した「教育勅語の十二徳」がA4一枚に収められている。

◆「十二徳目」のうち前半の6項目は、個人として立派な人格、平和な家庭、道義的な良い社会づくりを目指すものであり、後半の6項目では勉学、人格向上、社会貢献、遵法・秩序など教育の向上を指針としている。「教育勅語」と呼んでも、明治天皇に限らず、いつの世でも目指す指針は不変のものと思われる。
但し、最も問題視されているのが最後に謳われた「義勇」即ち、原文では「一旦緩急アレハ、義勇公ニ奉ジ、以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」と述べられている点だろう。口語訳では「非常事態の発生の場合は、真心を捧げて国の平和と安全に奉仕しなければなりません」と書かれている。これとて普通に考えれば、自国が他国から攻められようとすれば、愛国心があれば祖国を守ろうとする気持ちを持つのは自然の成り行きと言える。


◆問題なのは、かつての日本軍は軍国主義を推し進めるために、この規定を拡大解釈して、「教育勅語」そのものを国が求める人材の在り様に利用したことにある。御上からの押し付けが結局この国の歴史に大きな過ちを残した。戦後昭和23年、国会で勅語の排除と失効が決議されたことで決着しているはずだ。
ところがこの葬られたはずの「教育勅語」が忘れた頃に頭をもたげてくる。その要因は現代社会における道徳心の欠如、社会秩序の乱れ、倫理観の喪失などと裏腹の関係にあると言っても過言ではない。「戦後の道徳教育がないがしろにされてきた結果の顕れである」とはよく聞く話である。


◆明治天皇を1400年ほど遡った祖先の一人、聖徳太子が604年に「十七条の憲法」を定めた。現代語訳を読んでみたが、これは法典というより道徳律であり、当時の朝廷に仕える諸氏族、役人に対して、守るべき態度・行動規範を示した服務規定ともいうべきものである。これが現代でも政治家・役人・勤め人等にそのまま当てはめられるのではないかと思われる。「教育勅語」のように子供たちに直接押し付けるのではなく、まず教える側の教師や教育者に対して、「十七条の憲法」を参考にした「期待される教師像」を明文化してみてはどうだろうか。子供は後姿を見て育つものだ。

 閑話休題:新解釈笑辞典
  ・「教育勅語」・・子供達には暗唱を強要しながら、それを指導した教育者は
   真逆なことをして、国会で糾弾されたり、破産することを指す。 

2017年4月11日 (火)

桜は満開になったが・・

小田原でも桜の満開は例年になく遅く、8~9日(土・日)頃満開になったようだが、
気持ちは少しも弾まない。
それもそのはず、ここ1週間ほど雨、曇り、小雨の繰り返しで、まさに
菜種梅雨と呼ぶにふさわしい春雨前線にスッポリはまってしまったようだ。
今日も朝から小雨が降り続き、冷え冷えとしている。

桜はスカッとした青空を背景にしてこそ、その美しさを100%発揮する。
今年の桜は週末までもってくれるのか、それとも散ってしまうのか。
ちょうど今のような時期の桜の哀れを詠んだ和歌を見つけた。


 花は散り その色となく ながむれば
          むなしき空に  春雨ぞ降る


                        (式子内親王 『新古今和歌集』)


Dscf0401
    (2014年 小田原城桜)

 

2017年4月 5日 (水)

桜はまだかいな

4月も5日を過ぎたというのに、ここ小田原の桜はやっと二分咲きか三分咲き。
東京では満開というのに、どうしたことだろうか。
例年、東京とほぼ同時期に満開を迎えていたはずだが、
今年はふざけ過ぎた冬の後で、当てが狂ってしまったのか。

歌心はないが、昔から桜を詠んだ歌は数が多い。すぐいくつか思い浮かぶ。
満開を歌ったものより、散る桜を詠んだものが多いようだが、
桜は散り際がよいということなのか。


・青丹によし 奈良の京は 咲く花の
          にほうがごとく  今さかりなり    小野 老
・いにしえの 奈良の都の 八重桜
          けふ九重に にほひぬるかな    伊勢大輔
・世の中に 絶えて桜の なかりせば
          春の心は  のどけからまし     在原業平
・久方の  光のどけき  春の日に
          しづ心なく  花の散るらむ      紀 友則
・花の色は 移りにけりな  いたづらに
          我が身世にふる ながめせし間に  小野小町
・高砂の 尾上のさくら さきにけり
          とやまの霞  たたずもあらなむ   前中納言匡房
・春風の 花を散らすと 見る夢は
          覚めても胸の さわぐなりけり     西行法師 
・ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の
          花も花なれ 人も人なれ      細川ガラシャ (辞世)
・風さそふ 花よりもなお 我はまた
          春の名残を いかにとやせん    浅野内匠頭 (辞世)
・敷島の 大和心を 人問はば 
          朝日に匂う 山桜花          本居宣長


 春爛漫の花の下  花よりもなお お酒かな     昼提灯

Dscf4542
    

 

2017年4月 3日 (月)

天皇陛下の退位問題を考える。

◆昨年8月、天皇陛下が退位を示唆する「お言葉」を発して8か月余が経った。多くの国民は理解を示したものの、国会においては「特例法か、皇室典範の改正か」で与野党が対立し、政争の様相を呈したが、最終的には共産党も含め、正副議長の取りまとめに合意した。天皇制の問題は日本の国の形を表す憲法の第1章に掲げられた最重要事項であり、与野党が一致して合意したことは喜ばしい。ところが自由党(小沢党首)だけは天皇のお言葉を忖度していないとして反対しているらしい。本当にどうしようもない一派ではある。

◆特例法の名称は「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」とし、典範付則に退位の文言を明記。付則に特例法は典範と「一体をなす」との根拠規定を置き、今回が将来の「先例となり得る」とした。政府は5月の大型連休後、特例法案と皇室典範の付則の改正後、皇室経済法など関連法の改正案を国会に提出し、今国会中に成立させたいとしている。

◆さて問題はこれからだ。平成30年(2018年)中に今上天皇が退位され、皇太子が即位されるとすれば、58歳での即位となる。因みに今上天皇は56歳で即位されたので、85歳の退位となり、在位30年となる。現皇太子も30年は在位されると想定すると、2048年に88歳で退位となる。その場合、継承順位の第一は秋篠宮に変わりないとすれば、秋篠宮の天皇即位は83歳となる。高齢での即位となるため、在位期間は短くなるが、90歳で退位されると仮定すれば、2055年に今の悠仁親王が即位されることになる。悠仁親王はその頃50歳になるが、その男子が皇太子として存すれば特に問題は無い。

◆昨日、たまたまTVの番組で-池上彰緊急スペシャル「皇室がわかれば日本がわかる」-を見た。皇室の在り方について、国民一人一人が考える時ではないかと結んでいたように思うが、具体的には男系男子が存在しなくなった場合に備えて、どのように対応するかという問題に置き換えてもよいのではないかと思う。

◆この場合三つの方途が考えられる。
(1)継体天皇の即位に倣って(507年)、歴代の天皇を5代ほど遡り、その子孫を見つけ出す。然しながら今は一般人であり、国民がどう受け止めるかという問題が残る。
(2)女性宮家」の創設を認め、安定的な皇位継承を図る。しかし、これについてもどこまで認めるかの課題がある。おそらく天皇直系の孫に限定すると現在3名。男系女性の天皇は過去に推古天皇、持統天皇など何人かの例があり、女性天皇を認めるならばこの辺までは異存がなかろう。ところがその女性天皇の男子を天皇として認めるとなれば、1700年以上継続されたとする「万世一系」の系譜が崩れることになる。即ち、その男子の父親は天皇家と異なる一般人となるであろうから、それを国民がどう判断するかにかかっている。
(3)後継者が無くなったことを機に、天皇制を廃止するという意見がある。この場合、国の形が根本的に変わることになり、憲法改正が必至となる。また、2000年近く続いた世界に比類ないレガシーとしての天皇制を2000年後の我々日本人だけの判断で捨て去ってよいのかという問題に関わってくる。いずれにしろ難しい問題だ。

2017年3月27日 (月)

自虐史観からの脱出と道徳教育の再興

◆戦後の歴史教育は日本の歴史の負の面ばかり強調して、あまりにも偏った歴史観を国民に植え付けてきたという見方がある。確かに誤った皇国史観や軍国主義が日本を破滅に導いたことは否定できない。そして「自虐史観」と言われる歴史認識が蔓延し、その教育を受けた結果、「自分の国の歴史に誇りを持てない」、「昔の日本は最悪だった」、「日本は反省謝罪を」という意識が根付いた。特に左翼系や進歩的と自称する多くのメディアは、ことある毎に「自虐史観」を働かせてきた。

◆戦後の歴史観を「自虐史観」と呼ぶ人々は「日本の歴史学が戦後民主主義教育によって著しく歪められた」とする。一方でこのような主張は「歴史修正主義」であると、日本の多くの歴史学者や戦勝国であるアメリカの歴史学者なども批判する。「戦勝国」を名乗る中国や韓国からも教科書問題や歴史認識に関して、「歴史を捻じ曲げるもの、反省と謝罪が足りない」と、事ある毎に批判し続け、外交にも利用されている。

◆話は変わるが、「日本の総務副大臣が正式な外交関係のない台湾を公務で訪問し、日本の観光イベントの開幕式典に出席した」というニュースが日本の各メディアから一斉に報じられた。加えて、わざわざ「中国の反発が予想される」と付け加えている。このニュースを報じること自体、何ら問題はないが、わざわざ「日本政府はこんなことをしているんですよ。中国は日本政府を批判しないのですか」と言っているように見えないだろうか。彼らの根底に「自虐史観」が透けて見えるようだ。二つの中国を認めていないからといって、忖度する必要があるだろうか。

◆2014年1月、自民党は運動方針案に「自虐史観に陥ることなく日本の歴史と伝統文化に誇りを持てるよう、教科書の編集・検定・採択で必要措置を講ずる」と明記した。戦後教育を受け始めた我々世代には自由で民主的な教育は当たり前のものであったが、戦前の教育はずいぶん窮屈なものだったと理解できる部分はまだあった。「道徳」の時間は1958年から復活されたが、名ばかりで実態は無かった。戦前の「修身」のイメージもあり、道徳教育そのものが忌避される風潮があって、他教科に比べて軽んじられていたことは否めない。

◆それらの積み重ねが、少年犯罪の増加いじめ問題の頻発などの教育の荒廃を招いたといっても過言ではないだろう。政府は24日、来年度から使用する小学校の道徳高校教科書の検定結果を公表した。特に小学校の道徳は「考え、議論する道徳へ」大きく転換し、教科書の質量増強を図るという。また高校の地理歴史や公民では最新の政治情勢を反映して、領土問題なども正確に記述するとしている。遅きに失した感もあるが、戦後長く続いた自虐史観と中・韓に対する忖度の姿勢から脱して、ようやく左・右に傾かない本当の日本の姿勢が示されるものと期待している。

2017年2月22日 (水)

スーパー春一番

先日春一番が吹き荒れたと思ったら、20日(月)は近年まれにみる台風のような大荒れの一日となった。玄関ドアも風圧によって、開けるのも一苦労。鉢植えは倒れ、土は飛び散る。大粒の雨はサッシの溝を伝ってジワジワ溢れ出る。
春一番よりも勢力が強いから、「スーパー春一番」と言った方が的確だろう。明日23日も強烈な春の嵐が来襲するとの予報。いったいどうなっているのだろうか、最近の天候は?
まさか、強権(狂犬)トランプ大統領のせいではないでしょうな?
狂風ついでに「春一番」の替え歌を作ってみました。


     もうすぐ古希ですね

♪ 髪の毛が 白くなって 増えていきます
   物忘れも ひどくなって 思い出せません
   もうすぐ 古希ですね ちょっと洒落てみませんか

   風が吹いて 髪の毛を 飛ばしていきます
   前の方から 後ろの方へ 広がってきました
   もうすぐハゲですね ちょっと触ってみませんか

   つるりと寂しい感触  嘆いても仕方ない
   青春時代に若返り  忘れませんか
   もうすぐ古希ですね  恋をしてみませんか ♪

2017年2月 3日 (金)

2月の歌 「恵方巻き」


1. 節分  立春  春なお遠い
  恵方巻き アルバイト  ノルマがきつい
  売れない  残りが  ズシリと重い
  あの人は 行って 行ってしまった 
  あの人は 行って 行ってしまった
  もう 帰らない

2. 建国  記念日 世間は騒ぐ
  トランプ  ツイッター  世界は騒ぐ
  電通  社員の  残業続く
  あの人は 逝って 逝ってしまった
  あの人は 逝って 逝ってしまった
  もう 返らない

  (節:よこはま・たそがれ)

Photo    Photo_2

2017年1月16日 (月)

トランプの正体はジョーカーだった!?

★トランプ次期大統領が就任前に初めて記者会見を行った。多少は学習して、大統領らしいところも見られるかと思いきや、選挙戦当時の独善、暴言、排他性など改まるどころか、ますますひどくなった感がある。オープンな記者会見であるにも拘わらず、自分にとって都合がよいメディアか、悪いメディアかで判断し、批判的なメディアには「質問させない、答えない、逃げる、時には恫喝する」。判断基準は「得か、損か」であり、「正しいものか、否か」は二の次だ。とにかく良識、常識が全く通らないから恐れ入る。

Photo ♠トランプ氏が自分のことをダイヤのキングに見立てた発言があった。とんでもない、「彼の正体はやっぱりジョーカーだったか」と、就任後時を経ずにはっきりするだろう。確かにジョーカーは最強のカードとして使われることもあれば、何にでもとって変わることもある、ババ抜きのババとして嫌われ者にもなる。もともとジョーカーは冗談を言う人、ふざけた行動をする人。転じて、ピエロ、ペテン師の意味にも使われる。

 ♦就任前の記者会見で、演台を前に早口で言いたいことだけをまくし立てていた。その演台前のエンブレムが「進入禁止」の道路標識のように見えた。もっとも日本のそれとは赤白逆転しているようだったが・・。まさに「お前らメディアの侵入は禁止する。情報はこちらからの一方通行だけだ。だから俺のツイッターを良くみろ」というメッセージではないのか。トランプ氏に数字を並べ、正論を説いても、右から左に抜け、まっとうな議論にはならないだろう。彼が感情の男だからだ。ならばツイッターにはツイッターで対抗しよう

(1)「メキシコとの国境に壁を造る。費用はメキシコが返済することになる」だって?アホとちゃうか?どこの世界に自分を縛るようなもんを自分のカネで造るバカがいると思うてんのや。造りたかったら自分のカネで勝手に造んなはれ。(メキシコ大統領、何故だか大阪弁)
(2)「私が大統領になれば、ロシア、中国、日本、メキシコなどが米国に敬意を払うようになる」だって? 「あり得ない!」それを言うなら敬意ではなくて悪意敵意だろうよ。
(3)トランプのような男は強面に見えて、実は西部劇に登場する悪徳牧場主のようなもんさ。弱いものには強く当たる。強いと見れば逃げ回る。得意の手は「騙し、すかし、脅し」の三連発さ。
(4)対日貿易赤字を問題にするが、アメリカから買いたいものが無いんだよ。日本人の好みを研究して、これならぜひ買いたいというものを作ってみな。欧州はそうやって日本人の好みに合った車を作ってきたから少々高くても売れているのさ。


❤言いたいことは山ほどあるが、この辺で止めとくよ。いずれにしろ、20日には正式に就任する。メディアに対する姿勢があのまま変わらないとするならば、大きな不安定要因になることは確かだろう。トランプ大統領がジョーカーのように最後の切り札となるのか、番狂わせの一手となるのか、それともババとなって、決め台詞 「You are  fired!」と言われ、首になるのか? 当分は目が離せない。

2017年1月 4日 (水)

新年のご挨拶

  
2 Dscf1263   

あけましておめでとうございます。

三が日は穏やかな天候に恵まれ、新年を迎えることが出来ました。
2日は箱根湯本に一泊、恒例の箱根駅伝を多くの観衆に混じり、観戦応援してきました。
往路の5区は三枚橋付近で、翌日の復路6区は登り口の旭橋付近で応援。
お陰様で母校青山学院は三連覇と大学駅伝3連覇を達成。
原監督のチャラチャラしたキャラはどうかとも思うんですが、現代っ子達にはフィットしているんでしょうね。みんな線が細そうに見えるんですが、意外と芯がしっかりしている?
復路7区、田村君のブレーキにはヒヤリとさせられましたが、あとのメンバーがしっかりカバーして1度も首位を譲ることなく、ゴールしたことはさすがでした。
ただ、来年あたりは苦戦しそうです。


今年は初めて一族7名で一泊しての駅伝観戦と新年会となりました。
来年も続けようねということで、昼前には解散。
今年は去年にも増して激動の年になりそうですが、弊ブログで接点が保たれば幸いです。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年12月31日 (土)

行く猿、来る鶏

今日は大晦日。あと3時間ほどで年が改まる。
猿が去り、鶏が来るという。猿に因む格言・ことわざと言えば、
「犬猿の仲」、「猿も木から落ちる」、「猿に烏帽子」、「猿の尻笑い」など、
あまり良い意味では使われない。
鶏に因む格言・ことわざといえば、「鶏口となるも牛後となるなかれ」など
少しは良い意味に使われることもあるが、「鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん」、
「鶏鳴狗盗」など、こちらもあまり良い意味には使われない。
いずれにしろ、騒がしい一年が過ぎ、また騒々しい一年となりそうだ。


Photo   Photo_2

大晦日と言えば、年越しそばに、紅白歌合戦。
紅白の音声が流れているが、何十年と見ていない。
見ていないと言うより、見る気がしない。
もうひとつ、大晦日と言えば除夜の鐘
その除夜の鐘が、今年は騒音の苦情がで、昼に衝く寺もあるという。
夜衝いてこそ、「除夜の鐘」だろう。これじゃ「除昼の鐘」だ。
近年何かと周囲がクレームを付け、それが通っちゃうという現象が起こる。
やな、世の中になっちまったね。来る酉年もあまり期待できそうもないね。


Photo_3  Photo_4

より以前の記事一覧