2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 想像力が欠けているのは岩波・朝日の連中だ。 | トップページ

2019年9月 8日 (日)

韓国経済の様子をしばらく静観しよう。

◆「腫れ物に触るような」という言葉がある。機嫌を損なわないように恐る恐る接するという意味だが、近年の韓国に接する態度がまさにこれだった。このまま放置し続けるならば、腫れ物は大きくなり、ますます膿が溜まる。痛くとも一度は切開して膿を出しきらねば、両国の将来の為にならない。政府は3品目の輸出規制の厳格化と輸出ランクをAからBへと降格した。韓国にとってはあの弱腰の日本が「まさか」という暴挙に見えたのだろう。日本政府にとっては想定以上のリアクションだったに違いない。

◆次なる懸念は、徴用工裁判で差し押さえられた日本企業の資産が売却された時だ。その一手として金融面の措置が考えられる。NET上には韓国の「カントリーリスクを引き上げろ」と言った声もあるが、確かに日本政府がそれをやれば、邦銀は韓国に与えている貿易の「信用状」の保証を止めやすくなる。日本の銀行(みずほと三菱UFJ)は韓国輸出入銀行他2行に貿易の「信用状」を保証している。韓国の銀行は経営状況が悪化しており、邦銀の保証がなければ世界各国は韓国の「信用状」を受け取らない。日本の銀行がその保証を止めれば、韓国は貿易(特に輸入が)ができなくなるという訳だ。しかし、この方策は日本単独では困難。有効なのはアメリカのFRBあたりがマーケットにウォンの通貨不安のサインをチラチラ投げかけることだ。

◆米国は景気後退への懸念が高まっている。米国経済が後退局面に入ると、韓国のみならず世界経済は足を引っ張られることになる。そうなると、韓国の輸出はさらに落ち込むことが想定される。企業業績悪化の懸念から外国人投資家は韓国株を手放し、韓国から海外へ資金や資本が流出する。韓国経済が自力でその状況に対応することは困難であり、今回はIMFはサポートしない。すでにウォン安、株安は長期的に低落傾向にある。外貨準備高は約4000億$と言われているが、即換金性があるのは3分の1ほどではないかと見られている。韓国の国債の殆どは$建て債券(外国からの借金)であり、償還に支障を来たせば即デフォルトの危険性が高まる。輸出に頼る脆弱な体質の韓国経済は最も世界経済の影響を受けやすい。

◆文政権は韓国の経済、雇用環境の悪化に対する国民の不安を「反日」に向けさせることで目をそらし、将来の「北」との統一というバラ色の未来図を描いてみせた(バラ色より暗黒の可能性が高いのに。)文大統領は自らの立場を守るために、国家の安保体制の維持強化に欠かせない米軍との関係を蔑ろにしたことで、米軍の軍事・安全保障の専門家達を怒らせてしまった。トランプ政権は12月までに、在韓米軍の駐留費を現行の5倍に引き上げるよう大幅な増額を求めている。米軍撤退を望んでいる文大統領は、これを蹴ったり無視すれば、アメリカの金融制裁はいよいよ表面化するだろう。国内では文氏の側近で、反日の急先鋒である法相候補がスキャンダルで追い詰められている。内憂外患の文政権だが、これから年末にかけて正念場を迎えることになろう。日本はじっと静観していれば良い。


 

« 想像力が欠けているのは岩波・朝日の連中だ。 | トップページ

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 想像力が欠けているのは岩波・朝日の連中だ。 | トップページ