2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年6月

2019年6月16日 (日)

松の嘆き

  ◆東海道の松並木と言えば、広重の「東海道五十三次」を思い出す。全55図の内、4分の1の図柄に「松」が主軸に描かれ、また遠景に配置されたもの、その他の樹木と併用されたものを含めると、約半数に及ぶ。「松」は東海道のイメージ創出に大きな役割を占めていると言えるだろう。 「小田原宿」をテーマにした「酒匂川の渡し」にも遠景に松が描かれている。現国道1号線に面した小田原市酒匂に転居してきて13年になるが、国道に面して推定樹齢70、80年から150年以上になる黒松が30数本立っていた。樹高は10mから20数mにもなるだろうか。

◆この10数年の間に3本ほどの松が大きな切り株を残して伐採された。一つは台風による倒木、一つは松くい虫による被害だろうか、切り株の中ほどに大きな空洞が見られた。もう1本は建物の邪魔になったのか、伐採された直径は1mほどあった。こうした状況にあって、先日、松の枝や上部を伐採する工事が行われた。複数の作業員を動員し重機を利用して交通規制をかけ、3日ほどの作業日数を要した。切っ掛けは、大きな枝が建物に掛かり危険性が増すこと。松が落とす大量の枯葉や松かさの清掃の手間、台風等による大枝の落下や倒木の危険性、そして通りに面し松に隣接する建物や店舗からの要請が大きかったと思われる。
Dsc_0034 伐採作業中
◆工事が終わり、マンションの6階から見ると、見通しは確かに良くなった。しかし、枝落しされた松の傍らに立って見上げると、上半身を切断されたような、腕がもぎ取れたような、無残さを感じてしまう。無傷の松は5~6本になってしまった。
時代が幕末から明治になって、今や令和を迎え150年余が経った。世の中は大きく様変わりし、自然環境も大きく変わった。東海道の象徴だった松並木が次第に姿を消していったのも、時代の流れだったのだろう。今回部分伐採された松たちも、かつては東海道を行き来する旅人を眺めつつ、文明の変化を身をもって感じていたのかもしれない。
  Dsc_0032 伐採作業中
 
◆「松」は岩や砂だらけの海岸地帯のような荒地であっても、潮風に強く、風雪にも耐え、時間をかけて大きく成長する。肥沃な土地や堆肥などは苦手というから質実剛健そのものだ。松並木では日陰を作り旅人を和ませてきた。また防風林の役目を果たし、暮らしを守ってきた。日本各地で「白砂青松」と言われる景勝地を作り出し、日本の原風景のひとつにもなった。ところが昭和40年前後から、高度経済成長の影響だったのか、松の樹勢が弱まり、松くい虫が増え、「枯れ死」が問題視されるようになった。さらに道路の拡張、都市計画の進展で、松はドンドン伐採されていった。結局松を活かすも殺すも人間の都合によるもの。一抱えもある伐採後の松の枝の断面を見上げて、そんなことを考えさせられた。

Dsc_0046_1 伐採後の姿

2019年6月12日 (水)

《道東ツアー》 独断 ’ベストスポット’ ランキング (下)

前回に続いて、ランキングの4位から8位までをUPしました。

第4位】 尾岱沼の遊覧と野付半島のトレッキング
オホーツク海の大自然が造った最大級の砂州尾岱沼。尾岱沼港から小さな遊覧船で対岸のトドワラ桟橋まで渡る。途中アザラシ一家が干潟で寝そべってこっちを見ている。のどかなものだ。下船後野付半島ネイチャーセンターまでトレッキング。30年前は白く立ち枯れした多くのトドワラを観たが、今では数本経っているのみ。その代り原野が大きく広がった。短期間の自然の大きな変化を実感する。狭い道には両側にブッシュが広がり、ハマナス、エゾカンゾウなどの花々が見られ、空にはヒバリがさえずり、灌木の中で郭公が鳴いている姿を堂々と見せている。30年前には建物など考えられなかったが、立派な野付半島ネイチャーセンターが迎えてくれた。

【第5位】 釧路湿原の木道散策とノロッコ号からの湿原観察
今回の旅行の目的のひとつが「丹頂」との出会い。風連湖の展望台やバスの車窓から数回その姿を見た。釧路湿原は雨の中、ネイチャーガイドの案内で木道散策したが、見えず。さらに釧路駅からノロッコ号で釧路湿原を観察、最後の最後に比較的近くで丹頂のペアを発見したことはラッキー!

【第6位】 知床の自然、ウォーキングトレイル
知床自然センターからベテランガイドの案内で、約2時間のトレイル。森と草原を抜けた先に断崖絶壁の上部に至る。午前中海上から見上げたフレベの滝を見下ろす。眼下にオホーツク海が広がる。知床連山(羅臼岳から知床山に至る)の眺望がすばらしい。

Dscf2527
フレベの滝絶壁からオホーツク海を見下ろす。

Dscf2531 
知床連山右端が羅臼岳、左端は知床岳 。

【第7位】 知床五湖 高架木道散策
知床五湖フィールドハウスから高架木道を通って、知床五湖に至る。よく整備された木道にはクマよけの電柵が張り廻らされている。今回は時間の都合で第一湖のみ。雪渓が残る知床連山の姿が素晴らしい。
Dscf2511
知床五湖から知床連山の北の端、知床岳を望む。

Dscf2508_1
知床五湖から知床連山の羅臼岳(右端)を望む。


【第8位】 厚岸味覚ターミナルの海鮮炭火焼バーベキュー
海を見下ろす高台のレストラン「コンキリエ」で、厚岸特産の大振りの牡蠣、初物の大振りのサンマ、シャケ、ホタテ、シシャモ、ハマグリなどの炭火焼は豪華。特に焼牡蠣の美味しさは絶品。これぞ北海道!

今回の「道東の秘境を巡る3泊4日の旅行」はほぼ満足のいくものだった。(終)

2019年6月11日 (火)

《道東ツアー》 独断 ’ベストスポット’ランキング(上)

先週、「道東の秘境を巡る3泊4日のツアー」に参加した。北海道東部は過去3度ほど訪れていたが、今回は季節も異なり、初めて訪れたところもある。今回の旅行でベストスポットを独断でランキングしてみた。

【第1位】 屈斜路湖温泉近くの津別峠での星空観賞
標高900mの峠はまだ寒さが残っているが、天候に恵まれた満天の星空の元、北斗七星や白鳥座などが驚くほど明るく大きく見えた。夏の大三角形をなす白鳥座のデネブ、こと座のベガ(織姫)、わし座のアルタイル(彦星)、さそり座、天の川などはこの時期・この時間(8:30~9:30pm)はやや低い位置にあったが、都会ではなかなか見られない夜空であり、ほぼ満足。

【第2位】 知床半島の最突端、知床岬までのクルージング
冬季は流氷観察で有名なオーロラ号に乗船して、知床半島の中間地ウトロ港から最先端の知床岬までの往復3時間45分のクルーズ。オホーツク海はナギで、漁師たちが利用する番屋以外、人を寄せ付けない大自然の地形が展開する。期待のクジラやシャチ、トド、ヒグマの姿は見られなかったが、イルカ、多くの海鳥などは見られた。火山活動が生み出した連続する断崖絶壁、奇岩、多くの滝は印象的。最先端の知床岬の先端部分にやや平地が見られたのは意外だった。
Dscf2519_2 
オーロラ号から断崖絶壁と知床岳を見る
Dscf2525
知床岬先端と知床燈台(右側)

【第3位】 本土最東端の納沙布岬を初訪問
クナシリ島は30年前羅臼から望見した際、島の大きさや近さは実感した。今回は納沙布岬の先端に立って望見したが、島影はうっすら見える程度。むしろ歯舞諸島でもっとも本土に近い貝殻島燈台は納沙布岬から肉眼で見える程の(3.7km)近さに立っている。戦前、日本が海上航行安全のために硬い岩礁の上に設置したもの。
北方4島が旧ソ連に不法占拠された後、ロシア側の維持・管理が杜撰だったため、現在は傾いており、倒壊するのは時間の問題という。この灯台を遠望するうち、どう考えてもロシア領ということは納得できない。今も毎年日露漁業交渉が行われ、認可を得た小規模の漁船のみが高い入漁料を払って漁業を営むだけというから、理不尽であることこの上ない。この周辺の漁業は後継者問題もあり、廃れていく一方だ。この岬の突端に立ちガイドの説明を聞いて、改めて北方領土問題の深刻さを実感する。領土問題を象徴する大きなモニュメントの下には赤い炎がじっと燃え続けているが・・。(続く)
Dscf2534 
納沙布岬灯台。左側に国後島がうっすら見える。
 
Dscf2539

北方領土返還を目指すモニュメント。下の台の上に赤い灯が燃えている。

« 2019年5月 | トップページ | 2019年8月 »