2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 師走の入院体験記 | トップページ | はやぶさ2号「リュウグウ」へタッチダウン »

2019年1月19日 (土)

人力車の話題

◆近年、京都・奈良・鎌倉・浅草などの多くの観光地で、人力車をよく見かけるようになった。若い女性や中高年夫婦、外国人客などが座席に座って、膝に赤い毛氈を掛け、それを若い男性の車夫が一人で引く。意外とイナセで格好いい。調べてみると1970年、飛騨高山で利用されたのが最初で、次第に全国の有名観光地に広がり、伊東や道後といった温泉街でも見かけられるようになった。観光名所をコースで遊覧し、車夫がガイドの説明を兼ねるケースも多いらしい。

◆人力車が日本に登場するようになったのは、明治2年(1868)のこと。発明者は和泉要助という男だった。彼は外国人が乗る馬車にヒントを得て、馬の代わりに人力で走らすことを考えた。試行錯誤の上試作車を走らせて、東京の話題に上った。彼は知人二人の協力を得て完成させ、東京府に営業の認可を得て、翌明治3年に日本橋の袂に「御免人力車処」の幟を立てて開業したとされる。日本で発明された人力車は、それまで使われていた駕籠より早く、小回りが利き、馬よりも人間の労働コストの方がはるかに安かったため、すぐに人気の交通手段になった。

◆1870年には東京府は発明者と見られる3名に人力車の製造と販売の許可を与え、運転免許証の発行が開始された。人力車は急速に普及し、1872年までに、東京市内に1万台あった駕籠は完全に姿を消した。逆に人力車は4万台まで増加して、日本の代表的な輸送機関になった。職を失った駕籠かき達の多くが人力車の車夫に転職したのは当然の成り行きだった。19世紀末には日本に20万台を超す人力車があったという。因みに1880年代にはインドに輸出され、東南アジアにも広がった。また中国では日本製の人力車が爆発的に広がり、国産化されるようになって、上海には大小100を超える人力車工場があったという。

Photo_2◆人力車は都市部で路面電車が普及し、乗り合いバスやタクシーが出現するようになると衰退の一途を辿るようになった。都市圏では1926年頃、地方でも1935年頃をピークに減少し、人力車の姿は殆ど見られなくなった。ところが、1950年頃(昭和25年)、長崎駅前に古びたカーキ色の幌を被った人力車が10~20台ほど並んでいた。みすぼらしいナリをした中年の男達が、客待ちでたむろしている姿を目撃したのだ。当時小学校1、2年頃で気恥ずかしい気になった。あとで分かったことだが、戦後、車両の払底・燃料難という事情から、お蔵入りの人力車が僅かに復活した例があったとのことだが、長崎駅前で見た光景はその一例だったのだろう。

◆何故、気恥ずかしい気になったのか。多分、人を馬車並みに扱う乗り物自体が前近代的であり、東南アジアの光景を何かで見ていたのだろう。そんな人力車が映画の世界ならともかく、21世紀を迎えた昨今、颯爽と蘇るとは思いもよらなかった。歴史とは、文化とは分からないものだ。しかし、何故今「人力車」の話題なのか。それは書いた本人にもよくわからない。   (参考資料:ウィキペディア)

« 師走の入院体験記 | トップページ | はやぶさ2号「リュウグウ」へタッチダウン »

歴史」カテゴリの記事

コメント

甦る良き日本の風習
何故“今、なぜ人力車なのか”ーー 確かに拙者も京都の観光地を歩いて「よう頑張っているなあ…」と感じていた。だが乗ったことはないし、車夫の若者に言い寄ったことがないのおで実態は知らないが、職業的に競争会社があり賃金的には厳しいと、又聞きした。若者の新たな仕事になっているのだろうか?
何故乗るのかの1つに「見る視点が違う、同じ風景も異なる風情を鑑賞できる」と思えるし、記念写真にも良く、衰えた体力的に金銭的余裕ある人には助かるなどから、全国的に普及することは、エコ的にもベターかな、
さて、同じ良き?風俗現象に和服があり…京都では“和服の貸衣装”が流行している。昨秋の11月、東山界隈を歩いてビックリ、ここ数年前から外国人観光が氾濫の域を超えて、悪しき社会現象となっていることは覚悟していたがホンマ多すぎる、更に東京オリンピック以後は、2倍の外国人が来たらと想像を超える。そんな中、狭い観光街路や商店街に、若い女の着物姿が氾濫しているのに最初は違和感を覚えた。その商売に興味から見ると、至る所にレンタル料があり、使用料は、借りる品により割と低料金、然も脱ぎ捨て方式の、チェン店が随所にあることに気が付いた。無論、歩く姿に“粋な後ろ姿”を求めるのは野暮だが、アイスクリームを大口で食べながら闊歩する彼女等(男性も多い)は、観光気分に佳き想い出作りに酔っているのかもしれない※何事も、直ぐに話しかける拙者も、聞く気力が無かった
和服産業が廃れて久しく、今後も復活の兆しは厳しいかも知れないが、和服姿が日本の或る箇所で見られるのは、日本文化は素晴らしい!、
《昔は良かった》のオッサンには、喜ばしい
帰路、四条の南座前を通ると、昼の部が終えたタイムで、出口から溢れてでる人人の中に、流石、粋なお姐さんを数人みて、うっとりとしてズウーと人中に消えるまで目を追った。目尻、肩から項への色気が別世界と、金に疎い侍は楽しんだ。

  小学1年か2年の頃のことをよく覚えていますね。私が長崎で人力車を見たのはここ10年くらいのことです。大浦や眼鏡橋界隈に観光客待ちの人力車がいました。しかし最近は見ませんね。生業としては成り立たないのかも・・
 15年位前母と京都に行ったとき、母に楽させようと思って人力車に乗って廻りました。車夫のお兄さんが「寂聴さんの車を見かけた、帰ってこられた・・」とか言って寂庵に連れて行ってくれました。母に付き添って近づくと手招きしてくれて一緒に写真を撮らせてくださいました。「親子で一緒に旅行が出来てお幸せね」との言葉も戴きました。いい思い出です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人力車の話題:

« 師走の入院体験記 | トップページ | はやぶさ2号「リュウグウ」へタッチダウン »