2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月26日 (月)

秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(2)

正倉院展】 今回の旅行の目的の一つである「正倉院展」は70回を数える節目の展覧会。比較的に入場者が少ない夕方の時間帯だったが、それでも盛況を極めていた。目玉展示品である玳瑁(タイマイ)螺鈿八角箱は想像した以上に大きなもので、平螺鈿背八角鏡と並んで、とても1300年ほど前に制作されたものとは思えないほど精巧で綺麗な細工物だった。また、沈香木画箱犀角如意等、華麗な工芸品が目を楽しませてくれた。その他にも光明皇后が履いたと言われる室内履き、陶器製の鼓、和琴の原型を類推させる新羅琴など、例年以上に充実した展示内容だった。

【興福寺の中金堂】 710年の創建以来、度重なる焼失・再建を経て平成30年の今年、8年の工期を経て創建当時の様式で復元された。朱塗りの柱、白壁、金箔のシビなど全てが真新しく、年月を経た重厚さは感じられない。中央に安置された本尊釈迦如来坐像は江戸時代の1811年に制作された木造寄木造りで、これまた金ピカ過ぎてしっくりこない。むしろ本尊の周囲に配された四天王像(国宝)、吉祥天・大黒天薬王・薬上の二菩薩は重要文化財に指定され、周囲の脇役の方がメインキャストに見えてくる。
Dscf2490 復元された中金堂

【その他】 京都の永観堂は紅葉が見事、石庭の天竜寺はじっくり鑑賞するには最高の庭園だが、いずれも押し寄せる東アジア系の観光客のため、興趣が削がれてしまう。
南禅寺の三門は初めて登楼したが、地上22m、「絶景かな、絶景かな」と石川五右衛門の歌舞伎の台詞で有名なだけのことはある。楼の中を垣間見ることはできるが、中に入ることはできず、これまた半減だ。奈良の迎賓館と言われる奈良ホテルに宿泊。多くの皇室の賓客が定宿にしているだけに高級感溢れ、ディナーのフレンチは洗練された味で、星五つか。

Dscf2477 
南禅寺三門二階回廊から京都市内を望む。

【余談】 京都から奈良へ移動途中、ベテランバスガイドさんから聞いた話。正岡子規の「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」の句は実際には東大寺門前の旅館に泊まった時に詠んだ句で、最初は法隆寺ではなく東大寺だったと言う。翌日、斑鳩の「法隆寺」を訪問した時に、「待てよ、東大寺より法隆寺の方が語感がいいな」ということで、修正したものだったとか。秋の京都・奈良を訪ねる2泊3日のやや贅沢なツアーではあった。(終わり)

2018年11月25日 (日)

秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(1)

Dscf2455 銀閣寺 「観音殿」

銀閣寺】 足利義政が造営した銀閣寺。波紋を表現した銀沙灘と白砂で造成した向月台を中心とした庭園の素晴らしさは言うまでもないが、できれば雑踏の中ではなく、満月の夜に少人数で鑑賞したいもの。二層の国宝「観音殿」は銀閣寺の代表だが、今回特別公開のもうひとつの国宝「東求堂」と本堂内をガイドさんの説明付きで拝観することができた。
簡素な書院造の本堂と広間は与謝蕪村、池大雅、富岡鉄斎らの襖絵が、地味だが格調高い東山文化の香りを演出している。

本堂と渡り廊下で繋がった「東求堂」は義政の持仏堂で、檜皮葺きの現存する最古の書院造りとのこと。北面東側の四畳半は「同仁斎」と呼ばれ、草庵茶室の源流、四畳半の始まりだそうだ。いわゆる書斎と茶室を兼ねたような部屋で、障子を左右に少し開くと、庭園の一部が自然の掛け軸となって、四季の移ろいを奏でてくれる。
さらに渡り廊下で結ばれた「泉殿」は香座敷で、義政が「お香」や「歌」を楽しんだとされる。平成8年改築の際、日本画家の重鎮奥田元宋画伯が三年の歳月をかけて完成させた襖絵の集大成で飾られている。日本の四季を自然な色調で描いた大作は素人目にも分かりやすい。永く後世に残る傑作となるだろう。やはり銀閣は素晴らしい。

Dscf2447 銀閣寺 「東求堂」

Dscf2461 白砂の「向月台」


【嵐山大覚寺】 抒情歌「女ひとり」の中でも歌われた「大覚寺」を訪れたのは初めて。嵯峨天皇の離宮嵯峨院が真言宗大覚寺となり、今年は嵯峨天皇紺紙に金文字で勅封した般若心経」が浄書されてから1200年にあたるという。また60年に一度の開封法会の年ということで、日本人観光客が多く、外国人の姿は少なかった。外国人には難しすぎるということか。このようなスポットは今の京都では穴場と言えよう。
普段、勅封心経殿に奉安されている嵯峨天皇(平安時代)はじめ、後光厳(南北朝)、後花園、正規町(以上室町)、光格(江戸時代)各天皇勅封の般若心経が他の寺宝とともに一堂に展示され、見応えがあった。また境内の大伽藍には寝殿造り、書院造りの堂宇がいくつも配され、唐の洞庭湖を模したという「大沢の池」が壮大な景観を演出している。想像以上に規模の大きな寺院だった。(続く)
Dscf2483 
大覚寺 「大沢の池」

2018年11月21日 (水)

古都の秋、散策雑感

♪ 京都~ 嵐山 大覚寺~ 恋に疲れた 女がひとり~ ♪

この歌の雰囲気が好きで、先日古都の秋を巡ってきた。小春日和の京都・奈良、ともに秋の行楽真っ盛り。和服姿の若い女性が二人、三人と連れ立って歩く姿をよく見かけた。街中で和服の貸衣装屋さんに群がっている女性たちを目撃。確かに俄仕立てというか、板についていなのが見てとれる。「女ひとり」の歌のようなムードとはかなりかけ離れているが、それでも日本の若い女性がひと時でも和服に馴染んで、京の街をそぞろ歩きすることは、本人にとっても、日本の将来にとっても良い結果をもたらすに違いない。

◆東アジアや東南アジアからの観光客の和服姿もよく見かけるが、様になっているかどうかは別にして、異文化交流の一端として大目に見よう。頂けないのが、大勢で群がり、大きな声でわめき立てる輩。中には人混みの中で大きなスーツケースを引っ張って歩く連中がいることだ。この感覚は全く理解できない。どこに行ってもこうした観光客に遭遇する。国が外国人観光客誘致目標3000万認を掲げ、推進する一方で、その負の効果が増大するのは自然の成り行きだろう。

◆先日TVが嵐山の美しい竹林で、孟宗竹の表面に落書きの傷の跡があったことを報じていた。内容からして外国人らしい。その現物を見た。緑の粘着テープを貼って目隠ししていたが、実に痛ましい。人の流れが絶えないこの竹林には人力車専用の道路があって、乗ったまま楽しんでいる観光客も多い。竹林と人力車とくれば、あの健康飲料のCMを思い出すが、この竹林は20~30年前に意図的に造られたものだという。
負の側面といえば、祇園や錦市場に大挙する外国人観光客の影響で、常連客が迷惑を受け、売り上げ減になっているという。これに関しても何らかの手を打たなければ、双方にとって不幸なことに繋がってしまう。


◆今回の旅行で特に嵐山の渡月橋、竹林、天竜寺などで東アジア系の観光客の多さが目立ったが、東山の琵琶湖疎水沿いの「哲学の道」、紅葉が美しい「永観堂」、「南禅寺」、「銀閣寺」、「奈良公園」などは他にも欧米系の観光客も多く見られ、さすが古都ならではの感を持った。(続く)
Dscf2453 木漏れ日が差す銀閣寺庭園

Dscf2468 永観堂の庭園

Dscf2480 
南禅寺境内の琵琶湖疎水の水道橋の下、和服姿の若い女性たちが集う



« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »