2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 古都の秋、散策雑感 | トップページ | 秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(2) »

2018年11月25日 (日)

秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(1)

Dscf2455 銀閣寺 「観音殿」

銀閣寺】 足利義政が造営した銀閣寺。波紋を表現した銀沙灘と白砂で造成した向月台を中心とした庭園の素晴らしさは言うまでもないが、できれば雑踏の中ではなく、満月の夜に少人数で鑑賞したいもの。二層の国宝「観音殿」は銀閣寺の代表だが、今回特別公開のもうひとつの国宝「東求堂」と本堂内をガイドさんの説明付きで拝観することができた。
簡素な書院造の本堂と広間は与謝蕪村、池大雅、富岡鉄斎らの襖絵が、地味だが格調高い東山文化の香りを演出している。

本堂と渡り廊下で繋がった「東求堂」は義政の持仏堂で、檜皮葺きの現存する最古の書院造りとのこと。北面東側の四畳半は「同仁斎」と呼ばれ、草庵茶室の源流、四畳半の始まりだそうだ。いわゆる書斎と茶室を兼ねたような部屋で、障子を左右に少し開くと、庭園の一部が自然の掛け軸となって、四季の移ろいを奏でてくれる。
さらに渡り廊下で結ばれた「泉殿」は香座敷で、義政が「お香」や「歌」を楽しんだとされる。平成8年改築の際、日本画家の重鎮奥田元宋画伯が三年の歳月をかけて完成させた襖絵の集大成で飾られている。日本の四季を自然な色調で描いた大作は素人目にも分かりやすい。永く後世に残る傑作となるだろう。やはり銀閣は素晴らしい。

Dscf2447 銀閣寺 「東求堂」

Dscf2461 白砂の「向月台」


【嵐山大覚寺】 抒情歌「女ひとり」の中でも歌われた「大覚寺」を訪れたのは初めて。嵯峨天皇の離宮嵯峨院が真言宗大覚寺となり、今年は嵯峨天皇紺紙に金文字で勅封した般若心経」が浄書されてから1200年にあたるという。また60年に一度の開封法会の年ということで、日本人観光客が多く、外国人の姿は少なかった。外国人には難しすぎるということか。このようなスポットは今の京都では穴場と言えよう。
普段、勅封心経殿に奉安されている嵯峨天皇(平安時代)はじめ、後光厳(南北朝)、後花園、正規町(以上室町)、光格(江戸時代)各天皇勅封の般若心経が他の寺宝とともに一堂に展示され、見応えがあった。また境内の大伽藍には寝殿造り、書院造りの堂宇がいくつも配され、唐の洞庭湖を模したという「大沢の池」が壮大な景観を演出している。想像以上に規模の大きな寺院だった。(続く)
Dscf2483 
大覚寺 「大沢の池」

« 古都の秋、散策雑感 | トップページ | 秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(1):

« 古都の秋、散策雑感 | トップページ | 秋の京都・奈良、お気に入りのスポット(2) »