2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月18日 (木)

韓国と北朝鮮 根っこは同じ

文在寅韓国大統領は、フランスのマクロン大統領と会談した際、北朝鮮は「米国が相応の措置を取れば、現在保有している核兵器と核物質をすべて廃棄する用意がある」と語ったという。(そんなことは今年6月「シンガポール米朝首脳会談」の共同声明で、「北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けて取り組む」と謳ったはずだ。何をいまさら。本当にやる気があるなら条件を付けずに、具体策を示せと言いたい)

◆さらに続けて「金委員長は誠実で冷静、礼儀正しい」と評し、「国際社会が依然として疑念を持っていることに不満を感じている」と主張。「困難の末に合意にこぎつけたこれらの努力へ、報いるべき時が来た」と述べ、「非核化は正しい決断だったと保証する必要がある。金委員長が核兵器の廃棄に向け、戦略的な決断をしたことを確信した」と仏紙に述べたという。(早く朝鮮戦争終結宣言をせよと言うことか)

◆文氏に言いたい。いくら同胞とはいえ、年下の若造にそこまで懐柔されたのかと。「国際社会が依然として持っている疑念」とは何か、祖父・父親という独裁者の血を引く三代目が誠実で冷静、礼儀正しいという人物ならば、政敵とは言え叔父を粛清し、兄貴を白昼堂々と暗殺するだろうか。北朝鮮は今年核兵器とミサイルの実験を停止しているが、核実験場を爆破した際に国際査察官を招くと言う約束を反古にした。舌先三寸で相手を惑わす得意技は衰えていない。口先だけの核廃棄で、世界中が経済制裁を解くならば、北にとって文大統領は功績大なりとして表彰状ものだ。

◆文氏がいみじくも述べているが、金正恩が核兵器の廃棄に向けて、戦略的な決断をしたとはまさに言い得て妙。「核兵器の廃棄」を餌に様々な交渉で、取るものだけ取って究極的なもの大切に仕舞い、いざと言うときの切り札にとって措く。ということはいずれ南北が統一されれば、統一された朝鮮半島は核保有国となり、米・中・露とは対等に立ち向かい、日本を下に見ることができる。なるほど「核兵器の廃棄に向け戦略的な決断」とはそういうことだったのか。文氏が揉み手をして、金正恩に寄り添う姿に納得がいくではないか。

◆「恨」の国、朝鮮半島。日本から受けた恨みは2000年経っても忘れることはできないと前大統領は言った。ところが、1950年に38度線を超えて朝鮮戦争を勃発させた北朝鮮。1987年、北の工作員によって乗員・乗客115名が命を絶った大韓航空爆破事件。こうした北による数々の事件・暴力・拉致などはすべて水に流すという大寛容の精神を文氏は持っているらしい。その一方で、1965年の「日韓基本条約」、1998年の「日韓共同宣言」、2015年の「最終的かつ不可逆的な合意」という「反省と未来志向に向けた国と国の取り決め」には不誠実だ。逆に、慰安婦問題、竹島問題、歴史認識問題などは韓国国民の世論だとして繰り返し利用しながら、金正恩と協調して世界平和を演出する。韓国歴代大統領は不幸な結末を招いた歴史があるが、もともと朝鮮半島のDNAを引き継ぐ二人、果たして文大統領は?そして金正恩の将来とは?

2018年10月10日 (水)

長崎ブラリ街歩き(後)

◆長崎駅前の高架広場を横切った辺りの一帯を西坂と呼んだ。この辺りを歩いているうちに、ビルとビルの隙間から何やら大きな観音様の像が見えた。思わず狭い石段を登り、境内に立って驚いた。「えっ!何これ?」、なんともグロテスクな亀の像の上に巨大な観音像が立っている。調べてみるとこの寺は1628年に建立された福済寺という寺院で、興福寺崇福寺、と合わせて「三福寺」と呼ばれる黄檗宗の由緒ある寺院だった。また後述する聖福寺と合わせて「長崎四福寺」と呼ばれる寺院でもある。興福寺、崇福寺は既知の寺院で子供の頃から馴染みがあったが、迂闊にも福済寺は知らなかった。戦前は本堂などの建築物は国宝に指定されていたが、長崎市への原爆投下で焼失したと言う。

Photo (万国霊廟長崎観音像)

◆しかし、何で亀の上に観音様が? 実は1979年(昭和54)に平和を祈願して建立されたもので、「万国霊廟長崎観音」が正式名称とのこと。中国の謂れによるものだそうだが、亀の形をした霊廟を台座として建っている姿はいかにも奇妙だ。高さは18m(地上から34m)、重さは35tあるという。昭和54年といえば東京で社会人になって10年余。その後何度も帰省していたが、終ぞ知ることがなかった。40年ほど昔にできたとは思えぬほど真新しく、ひょんな切っ掛けで知ることとなった。内部には地球の自転を示す「フーコーの振り子」(長さ25.1m「で日本最大級)が取り付けられているという。今度行ったときに覗いてみよう。

福済寺は坂本龍馬が初めて長崎に滞在した時の宿泊所。また勝海舟は長崎海軍伝習所時代に福済寺の隣の本蓮寺に滞在した。また数100m離れたところには「いろは丸事件」の談判が行われた聖福寺(国の重要文化財多数)があり、維新の志士たちが闊歩したゆかりの地となっている。
Dscf3680 聖福寺山門

◆長崎駅前の西坂の丘の斜面に沿った細長い地域は、歴史的に由緒ある寺院仏閣、教会などが点在する。1597年2月5日、秀吉の命により西坂の丘で殉教した二十六聖人を記念して、記念館と記念碑(レリーフ像)が建つ。それに付随して建つ双塔のデザインの小さな教会「記念聖堂」が印象的だ。「聖フィリイポ教会」と称するこの教会のデザインは「スペインゆかりの地に立つ現代建築」というテーマで、サグラダ・ファミリア教会で知られるガウディのスタイルを意識的に取り入れたというが、ちょっとオーバーじゃないかという感じ。いずれにしろ、長崎の街は古いもの新しいもの、いろいろ取り混ぜ、進化しているようだ。(本稿終り)
  N
「二十六聖人記念聖堂」

2018年10月 9日 (火)

長崎ブラリ街歩き(前)

◆所用があって、先週長崎に行ってきた。台風24号が過ぎ去った長崎の街は秋空に覆われ、真夏日そのもの。所用を済ませ、帰りのフライトまではまだ時間があるので、ブラ歩きする。長崎は行くたびにどこか変わっており、新しい発見がある。

◆長崎県庁が今年初め、新庁舎に移転したと言う。まず外観だけを傍観した。場所は浦上川の河口、長崎港の最奥部にあたるところで長崎駅から徒歩5分、周りが水辺の絶好のスポットである。近年、各県の県庁舎は外観が立派で大振りなのに対し、意外と小さく地味で、控えめな造りである。それもそのはず、地上8階建て、それほど自己主張をしていない。長崎港が奇抜なデザインの建築物に取り囲まれているから、それほど目立たないのだろう。ただ、窓に木目調の縦の桟が不規則に並んでいるのが気になるというか、印象に残るデザインだ。新しい建物だが、シックで落ち着いた雰囲気を出しており、西側の浦上川と南側の長崎港という両面が水面(みなも)に接した立地は、他ではあまり見られない情景ではなかろうか。

Photo 新装なった長崎県庁

◆浦上川は子供の頃、黒く濁って汚かった。戦後日本の都市河川の御多分に漏れず、工場排水、生活排水が影響していたのだろう。昭和20年8月9日、この川の2km上流では水を求める多くの人が川に入り、無数の焼死体が浮かんでいたという。2歳に満たなかったが、この地にいたことは確かだった。73年後の今、水は青く綺麗で、河口の岸には遊歩道が通り、街路樹が植えられている。平和が当たり前の世の中になって、その有難さが見失われがちだが、忘れてはならないことだと思いを新たにする。

◆小学校から高校まで、少年時代と多感な青春時代の一時期をこの地で過ごした。特に小学校時代の思い出は昨日のことのように思い出される。友達と遊んだあの場所、行き来した友人宅、商店街、風呂屋さん・・今どうなっているんだろう。60数年ぶりにそれら思い出の地を巡ってみた。入り組んだ狭い道路、商店街などの区画割、古い人家など、ほぼ昔の面影を残しているが、半分以上は姿を変えている。そして何より活気が感じられない。友人5~6人の家があった場所は分かるものの、姿は変わり、一人として在住していない。これが時の流れというものだろう。(続く)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »