2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

少年時代の夏の日の怖い思い出

昭和20年8月9日、長崎に原爆が投下され、両親、祖父母と一家5人は長崎港外の漁村に移り住んだ。当時まだ2歳頃で全く記憶がない。記憶にあるのは幼稚園に上がったころで、毎日祖父の肩車に担がれ、教会に敷設された幼稚園に通い始めた頃である。昭和25年4月、市街地の小学校入学と父の通勤のため、長崎の元の実家の近くに転居した。祖父母はそのまま残り、一家4人で(疎開先で弟が生まれていた)引っ越した。10数軒あった貸家は全て焼け出され、何も残っていなかったという。
     ◇         ◇          ◇
長崎の家から港外の祖父母の家まで直線で6kmほど、数10年前に周囲が埋め立てられ陸続きとなり、バスで往還可能となった。しかし当時は長崎港から40分ほどの定期便船を利用するしかなかった。学校が休みに入ると、よく祖父母の家に出かけた。磯や砂浜のある海岸まで歩いて5、6分。地元の子供達や島の自然との触れ合いが大きな楽しみだった。そんなある日、島の真ん中の小高い山の中を子供達2,3人で探検した。灌木が鬱蒼と生い茂り、両側が背丈より高い叢の中に紛れ込んだ。人一人通れるほどの道があり、突き当たったところに、蔦や葉っぱに覆われた横穴を塞ぐ、レンガの壁が見えた。小さな明り取りがあって、わずかに中が見えるが、真っ暗で何も見えない。すると、何かの気配を感じたのか、ぞーッと悪寒が走った。皆我先にその場から走って逃げた。昭和26年~27年頃、神の島という長崎港外の島で、小学校低学年頃の話である。
     ◇         ◇          ◇
それから時が経ち、1990年代後半から長崎に行く機会が増えた。長崎訪問の際は、祖父母の墓があるこの地も何度か訪れた。そうした中、2012年2月、長崎ガイド協会に所属する小学校の友人の案内で、実に60年振りに、少年時代に怖い思いをした赤レンガの壁のある建造物を訪れることができた。なんと草深い怖いイメージは一掃され、今は「神の島公園」となって市民の憩いの場となっていた。怖かったレンガ造りの横穴の周囲は綺麗に整備され、ここがかつて砲台であったことを示す看板が架かっていた。60年前の怖い思い出は、戦後まだ6、7年しか経っていなかった頃の話で、ひょっとして兵士たちの怨霊があちこちに残っていたせいだったかもしれない。
     ◇         ◇          ◇
公園の最高地点に立つと、細長い長崎港が外に向かって広がっている様子が手に取るようによく見える。この少年時代の体験のわずか10年前、昭和17年5月20日夕刻、港内にある三菱重工長崎造船所で建造された戦艦「武蔵」が、最終艤装工事のため、呉工廠造船ドックに向かって出航した。長崎港では厳戒態勢が敷かれ、市民は港内を覗くことさえできなかったという。しかし神の島のこの砲台では、守備兵たちがその巨体に度肝を抜かれながら見ていたはずだ。因みにこの数年前工業高校を卒業した父親は、設計技師の端くれとして三菱重工に就職し、「武蔵」の電気系統設計にも従事したと聞いた。そんなことに思いを馳せつつ、2005年に完成した女神大橋や昔ながらの高鉾島、四郎ケ島、伊王島などを眺めていた。
Photo
神の島公園より、女神大橋を覗く。「武蔵」はこの狭い港を外に向かって出航していった。

Photo_2 戦艦「武蔵」




2018年8月12日 (日)

「クジラ食文化」の復活を

1週間ほど前、鎌倉市の由比ガ浜海水浴場に、体長10.5mのシロナガスクジラの子供と見られる死骸が漂着した。クジラの迷い込みや漂着はそれほど珍しいことではない。数年前、相模湾に面した我が家の近くの砂浜でも、6mほどのザトウクジラの子供の死骸が打ちあがった。しかし、シロナガスクジラの漂着は非常に珍しく、国内では初めてらしい。
    ◇        ◇         ◇
推察だが、国際捕鯨取締条約によって1970年後半から、シロナガスクジラなどの大型クジラの捕鯨が禁止され、1986年から商業捕鯨が完全に規制された。これにより許可された一部の調査捕鯨のみとなり、大型クジラにとって天敵の人間から捕殺されることがなくなった。その結果、シロナガスやナガスクジラなどの生息数も増えて、日本近海にも回遊するケースが増えてきたのではなかろうか。ところが大型クジラが増えてきたため、イワシやサンマなどの小魚が減り、それらを餌とするマグロなどの漁獲高も減ってきている。
         ◇         ◇        ◇
クジラが増え過ぎたという科学的なデータはまだ確認されていない。しかし、ある程度増えた段階では、国際的合意を前提に捕獲可能種類や頭数などを取り決め、捕獲を認めることを検討してもよいのではないか。なお、その際入札制度を採用するなどして、その資金はクジラ資源の保持のために充てればよい。鯨食文化は何も日本の専売特許ではない。世界各地の沿岸部では古くから鯨肉を食していた。中世ヨーロッパにおいては、特にイルカが食用として好まれた。今では信じられない話だが、イルカは比較的最近まで欧米諸国で食用とされた経緯があり、英国の宮廷では17世紀頃までイルカの肉が供された。
           ◇         ◇        ◇
しかし、沿岸鯨類資源は乱獲により次第に枯渇していき、漁場が沿岸から遠洋へと移動するにつれ、冷蔵・冷凍技術がない当時においては、徐々に食用とすることができなくなっていった。それにも拘らず19世紀から20世紀にかけて競うように捕鯨が継続された理由は、鯨油やクジラヒゲなどに工業原料としての価値があった為である。欧米全体で見ると、鯨を食用とする発想そのものが失われていった。但し、ノルウェーやアイスランドなど沿岸での捕鯨が継続された地域では、例外的に鯨肉食が残存している。北極圏の先住民にも、鯨食の文化があり、今でも国際捕鯨委員会より特定の鯨の捕獲が認められている。
           ◇         ◇        ◇
伝統と歴史のある日本のクジラ食文化については他国と本質的に異なることは改めて述べるまでもないが、南氷洋の国際捕鯨が禁止に転じてから、日本のクジラ食が批判に晒されることになった。クジラを食することが野蛮な行為と映り、「可哀そう」という情緒的感情が先だったからに他ならない。また、半世紀近い鯨の食文化の断絶で、若い世代を中心にそれを受け入れる傾向が増えてきたことは残念でならない。日本は増え過ぎによる弊害や適性数の維持について科学的に説得する努力を継続しなければならない。和食が世界的な評価を得ている。鯨肉もその食材の一環であるという理解を得るような努力も必要ではなかろうか。
Photo

2018年8月 2日 (木)

韓国の土用の丑の日

今年の土用の丑の日は7月20日と8月1日。できるだけこの日は避けて、夏に1~2回はウナギの蒲焼きを食すことにしている。夏バテ防止に効くような気がするが、スーパーで安いものを見つければほとんどが中国産。国産は年々高くなっている。
さて、お隣の国韓国でも夏の盛りに、3回訪れる「付日」(ポンナル)と呼ばれる日に、滋養食を食べる習慣があるそうだ。この食材が鰻ならぬなんと犬肉。もともと犬肉を食用にする文化は中国や朝鮮半島に古くからあった。「羊頭を懸けて狗肉を売る」という諺があるくらい、犬肉(狗肉)は古くから食されていたのだろう。

       ◇         ◇          ◇
2000年頃、犬を扱う精肉店はソウル近郊の犬肉市場で約50店ほどあったが、現在は20店に減ったと言う。韓国では若者の犬食離れが進んでおり、世論調査でも「最近1年間に犬の肉を1回でも食べたことがあるか」の問いに、50~60歳以上で50~60%、50歳未満で20~40%、全体では「ある」が30%、「ない」が70%と若者世代ほど「ない」が多くなっている。また「犬の肉を食べることをよく思うか」の質問には44%が良くないと答え、「良い」の37%を上回った。
       ◇         ◇          ◇ 
「読売新聞」のこの記事を読んで、大いに驚いた。韓国の犬食文化は子供の頃聞いてはいたが、今だに続いていたのかという驚きである。韓国ではソウル五輪(1988)、平昌五輪(2018)を通して、欧米メディアや一部アスリートたちが犬食習慣を批判した他、海外の動物愛護団体が犬肉食の禁止を韓国政府に迫った。政府も一時的に禁止の措置をとったが、長続きしなかった。中高年を中心に根強い食の志向が強いからである是非の論争は40年以上続いてきたが、歴代の韓国政府は対応を後回しにしてきた。
       ◇         ◇          ◇
韓国の畜産法ではは「家畜」として扱われている。ところが「畜産物衛生管理法」では家畜には当たらない。このため、犬肉は合法でも違法でもない「グレーゾーン」として取引されてきた。その結果、政府は実態を把握しておらず、業者任せだという。このため、精肉業者らの団体は犬にも衛生管理法を適用し、販売を合法的にせよと主張する。もしこれを明文化すれば国際社会からの批判が強まる。一方動物愛護団体などは、犬の食肉処理は動物保護法違反だとして、禁止を求める。
       ◇         ◇          ◇
人類は2~3万年前から狼を飼いならし、人間の相棒として「犬」を作り出し、またペットとして信頼関係を築いてきた。そうしたDNAは人類共通のものだと思っていたが、中国や朝鮮半島では、まだ異文化が残っている。先進国の仲間入りしたはずの韓国で、犬は「家畜かペットか」の問題を解決できないまま、この問題を放置してきた。こうした現状こそ、韓国人気質そのものを表しているように思えてならない。

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »