2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 酷暑の日本列島、大丈夫か「東京オリンピック」 | トップページ | 日本はサッカーに向いていない!?(続) »

2018年7月21日 (土)

サッカーは日本に向いていない!?(前)

サッカーW杯ロシア大会は、フランスの5年ぶり2回目優勝で幕を閉じた。ベスト16になんとか進出した日本は、優勝候補の一角ベルギーとの対決で、歴史に残る善戦を見せたが、最後は本気になった欧州の底力を見せつけられ、ベスト8の壁を突き破ることはできなかった。日本は確かに年々力をつけ、強豪国と対等以上の戦いぶりを見せてはいる。では、近い将来日本は優勝することができるだろうか。答えは「否だ」。理由はいくつかある。

【理由その1:欧州・南米勢の歴史的な巨大な壁】
サッカーW杯は4年に1度の国際大会、その人気はオリンピックを凌ぐと言われている。過去、1930年の第1回ウルグアイ大会から、今年の第21回ロシア大会までの88年間で、優勝は欧州勢が12回、南米勢が9回、準優勝は欧州勢(含む北欧、東欧)が16回、南米勢が5回となっている。欧州・南米以外で3位になったのは、アメリカとトルコが1回だけ、アジア勢では日韓共同大会で韓国が4位になったのが最高だ。近年アジア勢や中東勢の活躍、及びアフリカ勢の台頭で、勢力分布に変化の兆しも現れたが、欧州・南米の壁はまだまだ高くて厚い。


【理由その2:埋められない身体能力の格差】
では何故この2大陸だけに偏っているのか。そもそも英国の庶民の間で生まれたサッカーは、西欧人とそこから派生した南米大陸でまず普及した。長年の歴史の中で、サッカーに適した身体能力が育まれ、スピード、バネ、球際の技術などが発達したのではないか。技術という面では日本もひけをとらなくなったが、車に例えれば、小型エンジンで性能はよいが、圧倒的な高出力のエンジンには歯が立たないようなもの。組織的チーム力では戦えても、個人の総合力ではまだまだ敵わない。


【理由その3:「フェアープレイ精神」の日本、「勝ちが全て」の世界の価値観】
サッカーは成り立ちからそうであるように、謂わば疑似的な「ムラの争い」を象徴している。戦争と言う言葉はスポーツに適切ではないが、サッカーは特に人間の本能に埋め込まれた集団間の争いを表象する要素がある。国と国の代表チームが戦うとなれば、観客は選ばれた自国の戦士の応援団となり、自然とナショナリズムが高揚する。こうした集団の闘争心を掻き立てるスポーツは、サッカーの右に出るものはないだろう。「いい試合をした」と評価されるより、どんな手を使っても勝ちにこだわる姿勢が支持される。ブラジルの花形ネイマールが転ばされて、大げさに痛がり、PKを執拗に要求する姿が見られた。ブラジル国内ではそっそく子供達が英雄の真似をしている姿がTVで流されていた。スポーツマン精神を重視する日本では教育上好ましからざる場面だった。(続く)

« 酷暑の日本列島、大丈夫か「東京オリンピック」 | トップページ | 日本はサッカーに向いていない!?(続) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/73897218

この記事へのトラックバック一覧です: サッカーは日本に向いていない!?(前):

« 酷暑の日本列島、大丈夫か「東京オリンピック」 | トップページ | 日本はサッカーに向いていない!?(続) »