2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月28日 (土)

天正遣欧少年使節団のこと

先月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」がユネスコの世界文化遺産に登録された。今年は日本にキリスト教が伝来されてから、約470年が経つ。1549年、フランシスコ・ザビエルが鹿児島に上陸してから、九州方面を中心に布教活動は広がり、有力キリシタン大名も出現した。天正10年(1582)には、大友宗麟大村純忠有馬晴信の名代として、4名の少年使節団がローマ法王の元へ派遣されるまでに至った。ザビエル来日から33年後のことである。
    ◇           ◇           ◇
選ばれた少年使節団は伊東マンショ(主席正使)15歳・・豊後大友宗麟の名代。千々石ミゲル(正使)14歳・・大村純忠の名代。純忠の甥で有馬晴信の従兄弟。中浦ジュリアン(副使)15歳・・大村藩、原マルチノ(副使)13歳・・大村藩の4名。少年たちは、有馬晴信(今の島原方面を治める大名)が建てたセミナリヨで学ぶ生徒の中から選ばれた。1582年2月、イエズス会のヴァリニャーノに引率されて長崎港を出港した。
     ◇           ◇           ◇
一行は2年半かけて1584年8月、ポルトガルのリスボンに到着。以後マドリッド、イタリアのトスカーナ、ピサ、フィレンツェを経て、1585年3月、ローマに入り、ローマ教皇グレゴリオス13世に謁見した。法王は礼儀正しい4人の少年に涙し、異例の抱擁接吻をしたという。ローマ市も市を挙げて大歓待した。その後ヴェネツィア、ベローナ、ミラノなどを訪問して、1586年4月リスボンを出発、帰路に着いた。全行程、実に8年5か月余、一行4人は苦労の長旅を終え、1590年(天正18年)7月、長崎に帰港した。しかし4人の悲劇はすでに始まっていた。
     ◇           ◇           ◇
一行が苦労の長旅をしている間に、長崎で大村純忠が死去、豊後では大友宗麟が死去、最悪なのは1587年、豊臣秀吉によってバテレン追放令が発布されたことだった。この時点では異国人宣教師が追放されただけで、まだ禁教にはなっていなかった。1591年3月、聚楽第に招かれた使節団は巨大なアラビア馬を関白秀吉に献上。さらに秀吉の前で、西洋音楽を演奏した。歴史にif は禁物だが、秀吉に信長や光秀のような教養や素養があれば、西洋音楽にも理解を示したであろうが、そうはならず事態は悪化していった。1596年には長崎西坂の地で26聖人の殉教事件が起きた。
     ◇           ◇           ◇
4人のその後だが、伊藤マンショは司祭に叙階されるも、江戸幕府がキリスト教禁令を発布した1612年に長崎で死去した。千々石ミゲルは棄教。中浦ジュリアンは司祭に叙階されるが、1633年長崎で穴づりの極刑を受けて殉教、2007年に福者に列せられる。原マルチノは持ち帰った印刷機でキリシタン関連の出版をし、司祭になったが1629年、追放先のマカオで死去した。こうした苦難の歴史が秘かに引き継がれた先に、今回の世界遺産登録があることを我々は忘れてはならない。

Photo

「天正遣欧少年使節顕彰の像」:1982年、使節の出発400年を記念して、長崎空港(長崎県大村市)近くに建立されたもの。

2018年7月22日 (日)

日本はサッカーに向いていない!?(続)

【理由その4:サッカー人気の格差】
世界のスポーツを俯瞰すると、人気度ではサッカーはトップクラスだろう。中でもW杯は世界最高峰と位置付けられ、世界最大のスポーツイベントであることは間違いない。そもそも世界でサッカーの人気が高いのは、単純で分かりやすいこと、ボール一つあれば誰でも簡単に入り込める気軽さがあること、その上で団体競技としてサッカーは観戦型よりも応援型の特性を有し、興行型としてビジネス面での優位性を併せ持つ。つまり欧州の資産家が豊富な資金を背景に、クラブチームの覇権を争うビジネスを展開する理由が存在する。
日本もサッカー人口が増えたとはいえ、サッカーは多くのスポーツの中の一つに過ぎない。野球、相撲、ゴルフなどいくつも人気のあるスポーツはあるが、やはり日本人はオリンピックにこそ、最高の価値を置く人種だ。つまり、サッカーに対する情熱・愛着と言う点では世界の多くの国に一歩譲るかもしれないが、それを無理して改める必要はないし、ありのままでよいのではなかろうか。


【理由その5:巨額の金に日本は太刀打ちできない】
サッカーはもともと貧しい国の間で広まっていった。実力さえつければ、欧州を舞台とするプロサッカーチームが大金を出しても選手を集める。優秀な選手の移籍を巡って巨額の金が動く。欧州のプロリーグで活躍する有名日本選手の年俸は4~5億円ほどらしい。これに対して、ロナウド、メッシなど超一流選手は80~90億円と、まるで桁が違う。J1リーグで活躍する日本選手の平均年俸は2661万円、1億円以上は27人、その半数が外国人で最高は6億4千万、日本人最高は1億4500万円ほどだという。野球と比べてかなり低いが、この辺が限度なんだろう。逆に言えば日本選手でロナウドやメッシ並みに稼ぐ選手が現れたら、それこそW杯優勝を狙えるチャンス到来ということになるのだろうが、まず無理な話だ。


理由その6:持ち込まれる政治問題】
サッカーは熱狂するあまり国際間の社会問題、人種問題、移民問題などが「政治とスポーツ」の問題として表面化することがある。今回もドイツの代表に選ばれたトルコ系2人のドイツ人が、訪英中のエルドアン・トルコ大統領を表敬訪問した。ドイツではエルドアンは人権無視の強権政治家という見方が一般的。大半のドイツ人の反発を買うことになり、試合のたびにブーイングが起こった。結局前回優勝のドイツは予選敗退という憂き目にあったが、このように政治問題が試合に影響を及ぼすことがよくある。かつて韓国戦で起こったように、日本にその意図がなくても、政治問題のPRの場として利用されるケースは往々にしてあった。

【最後に】こうした歴史を踏まえた上で、日本が目指すべきサッカーの姿が、50年前のメキシコオリンピックのU-23にある。アマチュア精神がまだ残るこの大会で、日本はサッカー先進国を次々に破り、銅メダルを獲得した。長いサッカーの歴史の中でメダルをとったのは後にも先にもこの大会だけである。日本はオリンピックのサッカーU-23にこそ、照準を合わせるべきと愚考する。

2018年7月21日 (土)

サッカーは日本に向いていない!?(前)

サッカーW杯ロシア大会は、フランスの5年ぶり2回目優勝で幕を閉じた。ベスト16になんとか進出した日本は、優勝候補の一角ベルギーとの対決で、歴史に残る善戦を見せたが、最後は本気になった欧州の底力を見せつけられ、ベスト8の壁を突き破ることはできなかった。日本は確かに年々力をつけ、強豪国と対等以上の戦いぶりを見せてはいる。では、近い将来日本は優勝することができるだろうか。答えは「否だ」。理由はいくつかある。

【理由その1:欧州・南米勢の歴史的な巨大な壁】
サッカーW杯は4年に1度の国際大会、その人気はオリンピックを凌ぐと言われている。過去、1930年の第1回ウルグアイ大会から、今年の第21回ロシア大会までの88年間で、優勝は欧州勢が12回、南米勢が9回、準優勝は欧州勢(含む北欧、東欧)が16回、南米勢が5回となっている。欧州・南米以外で3位になったのは、アメリカとトルコが1回だけ、アジア勢では日韓共同大会で韓国が4位になったのが最高だ。近年アジア勢や中東勢の活躍、及びアフリカ勢の台頭で、勢力分布に変化の兆しも現れたが、欧州・南米の壁はまだまだ高くて厚い。


【理由その2:埋められない身体能力の格差】
では何故この2大陸だけに偏っているのか。そもそも英国の庶民の間で生まれたサッカーは、西欧人とそこから派生した南米大陸でまず普及した。長年の歴史の中で、サッカーに適した身体能力が育まれ、スピード、バネ、球際の技術などが発達したのではないか。技術という面では日本もひけをとらなくなったが、車に例えれば、小型エンジンで性能はよいが、圧倒的な高出力のエンジンには歯が立たないようなもの。組織的チーム力では戦えても、個人の総合力ではまだまだ敵わない。


【理由その3:「フェアープレイ精神」の日本、「勝ちが全て」の世界の価値観】
サッカーは成り立ちからそうであるように、謂わば疑似的な「ムラの争い」を象徴している。戦争と言う言葉はスポーツに適切ではないが、サッカーは特に人間の本能に埋め込まれた集団間の争いを表象する要素がある。国と国の代表チームが戦うとなれば、観客は選ばれた自国の戦士の応援団となり、自然とナショナリズムが高揚する。こうした集団の闘争心を掻き立てるスポーツは、サッカーの右に出るものはないだろう。「いい試合をした」と評価されるより、どんな手を使っても勝ちにこだわる姿勢が支持される。ブラジルの花形ネイマールが転ばされて、大げさに痛がり、PKを執拗に要求する姿が見られた。ブラジル国内ではそっそく子供達が英雄の真似をしている姿がTVで流されていた。スポーツマン精神を重視する日本では教育上好ましからざる場面だった。(続く)

2018年7月16日 (月)

酷暑の日本列島、大丈夫か「東京オリンピック」

◆西日本に甚大な被害をもたらし、200人を超える人命を奪った記録的な大豪雨。いまだ6000人余の人達が避難生活を送り、関係者やボランティアの必死の復旧作業の中、熱中症で倒れる人も続出していると言う。大雨・洪水の後は、日本中が連日の猛暑で、悲鳴に近い声もあがっている。人の体温を超えるような炎天下の気温は、まさに殺人的だ。

◆連日の猛暑に、日本を訪れた外国人観光客は経験したこともないあまりの暑さにダウン寸前。少しでも涼しいところを求めてさまよっている。彼らは日本の夏の暑さが半端でないことを実感したようだ。

◆2年後の2020年、7月24日から8月9日にかけて、東京オリンピックが開催される。また、8月25日から9月6日にかけてはパラリンピックも開かれる。自然現象であるから予断はできないが、開催中の気温は最低でもこの夏の気温と同程度と想定した上での計画でなければならない。

◆水泳競技、ヨット・ボート・カヌー等の水上競技、冷房が効く屋内競技は問題ないだろうが、マラソン、競歩、サッカーなど屋外の長時間競技は厳重な暑さ対策が求められる。選手への対策と同等以上に観客への暑さ対策も重要だ。競技中に死者が出たなんてことになったら、大会運営当事者だけでなく、日本全体が批判にさらされる。それ以上に何故こんな時期にオリンピックの開催を決めたのか、根本的な問題が問われるだろう。

Photo


2018年7月 3日 (火)

潜伏キリシタン世界遺産登録を祝す

ユネスコの世界遺産登録委員会は6月30日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を世界文化遺産に登録すると発表した。長年の苦労が報われたことをまず喜びたい。長崎では数年前からこの運動を始めていたが、そのことを全面支持する旨、本ブログで書いたことがある。長崎・天草地方には、約250年に亘る隠れキリシタンの歴史があり、平戸島、五島列島、西彼杵半島、また熊本県天草諸島の集落に、子孫らが守ってきた文化や教会群が散在する。これらを世界遺産に登録しようと2016年に一度申請したものの、諮問機関の指摘でいったん取り下げた。
     ◇       ◇       ◇
何故だろうか。問題はコンセプトの捉え方にあった。当初は、小さな集落にある素朴な教会建築の文化的価値を中心に登録申請したものの、今ある教会群は、当然ながら禁教期間の250年間、一度も現存したものではない。明治以降に禁教が解かれたあと、集落の信徒らの献身的な努力で建築されたもので、長くても150年ほどのもの。建築物それ自体に大きな文化的価値があるとは認められなかった。要は物理的建築物よりも、潜伏期間の歴史に焦点を当てたものに改めるべきとの指摘がなされた。
     ◇       ◇       ◇
1614年、全国にキリスト教禁教令が発令、1637年、「島原・天草の乱」(原城跡の史跡)のあと、キリシタンたちは長崎・五島・天草の目立たぬ海岸集落に散って、既存の宗教や社会と共生しながら秘かに信仰を続けた歴史があった。そして、幕末の1865年(慶応元年)、長崎の外国人居留地のフランス人らによって大浦天主堂が建築された。それを機に浦上村の潜伏キリシタン14、5名が命懸けで名乗り出て、信仰を告白した。弾圧に耐えながら250年、信仰を貫き通した事実は「宗教史上の奇跡」として世界に驚きを与えた。こうした歴史的、文化的、宗教上の価値を構成する12の資産をもとに再度申請して、登録されたものだった。登録を審査するユネスコ委員の中には「類まれな資産だ」、「登録に値する」などと称賛が相次いだと言う。
     ◇       ◇        ◇
今まで、平戸、島原、西彼、五島、天草などを訪れる機会が何度かあったが、これらの遺産群に直接お目にかかったことは少ない。五島の福江島ではいくつかの趣きのある教会に立ち寄ったが、残念ながらこの中からは登録遺産に選定されたものはなかった。ただ、長崎市内で育ったこともあり、大浦天主堂は何度も訪れている。一昨年、娘家族との長崎旅行の際の大浦天主堂の感想一番、「入館料が高いばかりで、中身は詰まらない」。
何でもそうだが、こうした歴史建造物などは見る人に下地があるかないかによって、評価に天地の差が出る。先日NHKで国宝「大浦天主堂」の歴史的建造物の意義、建築に関わる秘話、ステンドグラスが醸す光の芸術等々、深く掘り下げた番組を放送していた。こうした情報を得た上で、実物に触れるならば、大きく評価が変わったものと思われる。


Photo 大浦天主堂

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »