2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 江戸の敵を長崎で討つ | トップページ | 潜伏キリシタン世界遺産登録を祝す »

2018年6月23日 (土)

国歌「君が代」に思う

サッカー・ワールドカップ ロシア大会。初戦の強豪コロンビアに快勝したことで、日本中が盛り上がっている。次のセネガル、ポーランド戦の健闘が期待されるところだが、スポーツの国際大会ほど、国がひとつになるということを実感させられることはない。特に国旗掲揚国歌演奏では、どこの国民であっても、誰しもが自国への愛着を感じる瞬間だろう。「日の丸」の掲揚、「君が代」の演奏は、学校行事で敢えて反抗する教師だろうが、憲法改正反対を唱える野党であろうが、考え方の右・左に拘らず、こうした国際スポーツ大会にあっては、国への愛着心が自然発生的に芽生え、「日の丸」の掲揚と「君が代」の演奏が自然に受け入れられている証ではないだろうか。
       ◇         ◇        ◇
国歌「君が代」の誕生の経緯については様々言われているが、明治期早々、日本が海外諸国との交流に当たって、外交儀礼の場で国歌が必要であることを知るようになる。当時、日本には国歌という概念自体がなかった。このままでは文明国扱いされないので、急遽作ることに相成った。いい歌詞はないかと既成のものを探したところ、『古今和歌集』の詠み人知らずの短歌「君が代」が選ばれた。
       ◇         ◇        ◇
当初は「我が君は」で始まったが、平安時代末期に「君が代は」に言い換えられたと言われる。歌詞の内容は、「君」というのは天皇だけでなく、将軍という意味や、目の前の「あなた」という意味でも1000年ぐらいの間に使われ、その人が「千代に八千代に」健康で長寿であるようにとの祝いの歌として使われてきた。江戸時代にはポピュラーソングだったという歴史さえあったという。英国はじめ多くの君主国は、「国王万歳」という国歌を作っている。「君」を天皇ととらえれば、これはちょうどいいとなったようだ。
       ◇         ◇        ◇
作曲は国歌の制定を進言した英国人軍楽隊長フェントンが当たったが、讃美歌調のため不評だった。そこで宮内省の奥好義が付けた旋律に、雅楽奏者の林廣守が曲を起し、ドイツの海軍軍楽教師エッケルトが五線譜に直して、西洋和声をつけて編曲、1880年に「君が代」が完成した。この「君が代」は子供の頃は歌いにくく、古臭くて好きではなかった。しかし齢を重ねるに従い、その良さが分かってきた。この歌には1500年近い日本の歴史と伝統を感じさせ、庶民にも愛されてきた歌であり、重厚・荘厳な曲調であり、また明治期の国際化の中で外国人も一翼を担って誕生したという背景を併せ持つ。
国際スポーツ大会において、選手たちには「気を引き締め、奮い立たせる」歌であり、サポーターには「選手たちと心をひとつにさせてくれる」歌でもある。まさに日本の国歌として最高・最適な国歌ではなかろうか。


       「君が代」        歌詞:古今和歌集「詠み人知らず」
                      作曲:林 廣守
 
       
君が代は  千代に八千代に  さざれ石の 
                巌となりて    苔のむすまで

        


    

« 江戸の敵を長崎で討つ | トップページ | 潜伏キリシタン世界遺産登録を祝す »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/73734063

この記事へのトラックバック一覧です: 国歌「君が代」に思う:

« 江戸の敵を長崎で討つ | トップページ | 潜伏キリシタン世界遺産登録を祝す »