2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々の朝鮮半島問題(上) »

2018年1月 3日 (水)

祝!青学箱根駅伝4連覇

◆2018年1月2~3日、「第94回箱根駅伝」は青学の4連覇がかかる大会となったが、去年の出雲駅伝や全日本大学駅伝では優勝できず、そろそろ陰りが出始めたかという下馬評もあった。しかし、終わってみればチームワークの賜物か、ぶっちぎりで総合4連覇を果たす結果となった。昨日の往路では2区の森田、3区の田村の健闘が目立ち、最後は5区の竹石が首位東洋に36秒差の2位に食い込んだことが大きかった。その結果、今日の復路6区の山下りでは、小野田が逆に東洋に40秒差をつけて首位に立つと、ゴール大手町まで林、下田、近藤、橋間と一度も首位を譲ることなく完璧なタスキリレーで、2位東洋に4分52秒差をつけ総合優勝「こいつはまさに春から縁起が良いわい~」

◆なお、連続総合優勝の記録を見ると、
1位:中央大学 6連覇(第35回~40回)  2位:日体大 5連覇(45回~49回)
3位:日大(16~19回)、順天大(62~65回)、駒沢大(78~81回) 4連覇 
青学は今回4連覇を果たし、3位の記録に 並んだ
因みに総合優勝の通算回数で見ると、
1位:中央大 14回   2位:早稲田大   13回   3位:日 大  12回 
4位:順天大 11回   5位:日体大     10回   6位:明治大  7回
7位:駒沢大  6回     8位:大東文化大   4回     8位:東洋大   4回
今回の青学優勝で 8位タイに並ぶことになる。


◆箱根駅伝を見ていて、例えば突出した外国人が一人いたとしても、チーム全体の底上げには繋がらないということを今回も教えてくれた。全体にバランスがとれたレベルアップが大切で、昔のような悲壮感漂うチームのムードは今や時代遅れ。「原晋監督はテレビに出過ぎだ、とかなんだかんだと批判される」が、選手個々の力を最大限に発揮させるのマネージメントだとすれば、まさに4連覇の実績が如実にそれを示していると言えよう。

◆スポーツアナが「王者青学」などと表現していたが、青学の形容詞としては相応しくない。根性論ではなく、合理的科学的に裏付けされたトレーニング、精神面のタフさを鍛え、個々の選手との信頼関係の構築、スポーツは楽しくするものという若者の心を掴むことこそ、これからも求められよう。しかし、過去の例を見るまでもなく、連覇はそうそう続くものではないが、これからも正月の楽しい夢を見続けさせて欲しい。

Dscf4426 
   

« 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々の朝鮮半島問題(上) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/72607970

この記事へのトラックバック一覧です: 祝!青学箱根駅伝4連覇:

« 新年のご挨拶 | トップページ | 新年早々の朝鮮半島問題(上) »