2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 最高の日本民謡--秋田音頭 | トップページ | 中国共産党「A.I.」を逮捕か?(笑) »

2017年7月30日 (日)

「すみだ北斎美術館」を県f学して

◆一昨日、猛暑の中を両国まで出かけ、昨年秋にオープンした『すみだ北斎美術館』を見学してきた。場所は総武線両国駅から「江戸東京博物館」を左に見ながら、錦糸町方向に向かって徒歩9分ほどの所。まだ新しいので地元の人に聞いても、「?」という感じ。
日本だけでなく西洋美術にも大きな影響を与え、世界的な芸術家として評価の高い葛飾北斎(1760~1849年)。90年の生涯の殆どを過ごした墨田の地に「北斎」の名を冠した美術館が誕生した。生みの親は墨田区で、北斎の優れた業績を永く顕彰するとともに、地域の産業や観光にも寄与する活性化の拠点として、昨年11月に開設した。


◆美術館自体は公園の一角を半分ほど利用したようで、地上四階建て、敷地面積380坪と小振りだが、一見教会風の洒落たデザインは伝統的な日本文化をテーマにしたコンセプトとさして違和感は感じられない。「すみだ北斎美術館」の建築地には、江戸時代に弘前藩津軽家の大名屋敷があったという。藩主からの依頼により、北斎は屏風に馬の絵を描いて帰ったというエピソードが残されていることなどから、この場所は北斎と縁の深い土地だったらしい。
1  Dscf2237
北斎美術館全体像        北斎美術館エントラス付近

◆「冨嶽三十六景」と「富嶽百景」の揃い踏みと題して企画展を開催していた。北斎の版画絵はいろいろな形でお馴染みになっているが、実際の版画は画用紙大の大きさで、描写も細かいため、かなり近くに寄らないとよく分からないところがある。展示資料の中に歌川広重が「写実的表現において自分も負けてはいないと思うが、全体の構図における独創性では敵わない」という趣旨の言葉を残していた。確かに北斎の「冨嶽三十六景」」と広重の「東海道五十三次」を比べるまでもなく、そのことは言えている。

◆浮世絵版画の彫りと擦りの制作過程を高精密モニターの動画でじっくりと見られるコーナーがあった。浮世絵版画の最終形態である錦絵の制作過程を映像を交えながら紹介するコーナーだ。この日は歌麿の美人画を題材に、輪郭線の彫りから完成までの各プロセスを現代の名工たちによる再現で観賞することができた。浮世絵版画のグラデーションのやり方や細かい過程がわかる貴重な機会だった。

Dscf2238
老齢の北斎が狭い貸し間で絵を描いているシーン。蝋人形の像は立体的でリアルだ

◆葛飾北斎は1999年に、米雑誌「ライフ」で、「この1000年でもっとも偉大な業績を残した100人」として、日本人でただ一人選ばれたことは何かで知っていた。確かに西欧の美術・工芸等の芸術に多大な影響を与えたことは確かだろう。しかし日本人が選ぶとすれば、他にもいそうだ。「武士道」を広く伝えた新渡戸稲造、「禅の研究」の西田幾多郎、「柔道」を世界的にした加納治五郎、映画監督の黒澤明等々・・しかし世界的業績となれば「ウーン」と考え込んでしまう。日本は長く閉ざされていたから不利な側面があることは否めない

Dscf2239

展示室の前に大きな錦絵が飾られている。推定復元された「須佐之男命厄神退治之図」関東大震災で焼失した北斎晩年の傑作を白黒画像をもとに復元したものだという。北斎は風景画だけでなく、妖怪などの怪奇絵なども多数残している

« 最高の日本民謡--秋田音頭 | トップページ | 中国共産党「A.I.」を逮捕か?(笑) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/71285849

この記事へのトラックバック一覧です: 「すみだ北斎美術館」を県f学して:

« 最高の日本民謡--秋田音頭 | トップページ | 中国共産党「A.I.」を逮捕か?(笑) »