2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 巨人もう少しで新記録、残念!(下) | トップページ | 君子は未然に事を防ぐ »

2017年6月19日 (月)

時の流れを感じる今日この頃

梅雨の谷間にポッカリ空いた隙間、その間から夏の陽射しが顔を出した。すっきり、爽やかな風が肌に心地よく、昨日までのジメジメした空気をどこかに吹き飛ばしてくれたようだ。世の中、いやな事ばかり続くが、梅雨の谷間に晴れ間があるように、いいこともある。そんなことを期待して日々の暮らしを送っている。

年を経るとともに、時間の流れも速くなる」とはよく聞く話だ。そんなことを人生の峠を越えたあたりから、実感として感じている。 ある大先輩から聞いた話によると、
「10歳の時に感じる時間を1とすると、20歳で1.4倍、50歳で2.5倍の速さになるという。年齢比の平方根で時間の感覚が短くなるのだそうだ。20歳と80歳では年齢比が1:4だから、その平方根で2倍違うという事になる。自分の場合、10歳の時と比較すると2.7倍も時間の流れが速くなっていることになる。
確かに少年時代の夏休み40日間は長かった。暇で長かったのではない。充実して長かったように思う。時間だけではない。距離も長く、空間も広かった。因みに60歳の頃小学校の校庭を訪れたことがある。「えっ!こんなに狭かったか」と驚いた。そんな経験は誰しも持っているだろう。空間も年齢比の平方根で感覚が狭くなるのだろうか。


「歳月は人を待ってくれない」という。70の峠を越えた今、むなしく馬齢を重ねただけだろうか。いや、まだまだやり残したことはある。限られた時間の中で、日々ひとつづつ片づけていくしかない。
ベランダのハイビスカスが今を盛りと咲き誇っている。これも普段から過保護にならない程度世話を焼いているからだろう。この花のようにもうひと花、ふた花咲かすような野心は持ち合わせていないが、「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」で、良い方に変わっていくよう、残された齢を過ごしたいものだ。


Dscf2205
  (2017年6月19日、ベランダで)

« 巨人もう少しで新記録、残念!(下) | トップページ | 君子は未然に事を防ぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 いつもの様子と違いますね。何かあったのかしら?
年を取ると確かに時がたつのが早い感じはしますよね。しかし赤ん坊も100歳の人の時間も同じ長さのはずです。ではなぜ早く感じるのか?
 自分の事としてつらつら考えてみるに、日々するべきこと、したいこと、それらの重大さ、それを完了するに必要な時間が反比例的に減少するからではないか・・・端的に言えば、人生の終わりは目の前に近づいていることは確信できなくてもうすうす感じている、理屈では理解している。しかしするべきこともしたいことも完了はしていない。心の焦りが時間の経過を短く感じるのでは??
 私の心境です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/70907193

この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れを感じる今日この頃:

« 巨人もう少しで新記録、残念!(下) | トップページ | 君子は未然に事を防ぐ »