2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 日本を取り囲む3恐国と獅子身中の虫(下) | トップページ | 復元された大磯「旧吉田茂邸」を訪問 »

2017年5月31日 (水)

核・ミサイル攻撃を防ぐ妙案

北朝鮮が3週連続で、ミサイルを日本海に向けて発射した。日本政府は例によって厳重な抗議をするとともに、制裁強化のため関係国と調整を図る。北朝鮮にとっては「どこ吹く風」とばかり屁とも思わない。逆に日本が世界に向けて騒げば騒ぐほど、「標的は在日米軍基地に留まらず、全土に拡大するぞ」と脅しをかける始末。
そこで核とミサイルの開発と実験を止めさせる妙案を考えた。


①【自爆誘導作戦】 誘導ミサイルはGPSを利用して、搭載したCPに予め標的に向かう情報をインプットする。そこで発射前にそのCPに向かってサイバー攻撃をかける。進路を変更して、発射地点に戻り、そこで爆発するようにプログラムを書き換える。また発射基地のシステム全体にサイバー攻撃をかけ、混乱させる。北朝鮮は発射実験をすればするほど結局自殺行為となり、大打撃を受けることになる。そこで北は開発・実験を中止することとなり、メデタシ、メデタシと相成る。
この作戦の難点は、サイバー攻撃要員と北の情報収集するためのスパイの養成が必要となり、日本独自では時間が掛かりすぎるという欠点がある。


②【西部劇風決闘作戦】 北朝鮮は迎撃ミサイルの実験も行い、成功したと吹聴した。そこでアメリカはその技術を褒めて、どのくらいのものか試してみようと持ち掛ける。西部劇では背中合わせから10数えて歩き、振り返りざま発射するというシーンをよく見かけるが、それにあやかって予めルールを決める。日時を決めて同時にミサイルを発射する。標的は太平洋の真ん中として人への影響がないところが良い。
攻撃ミサイルの発射後、今度は互いのミサイルを迎撃するミサイルを発射する。迎撃ミサイルで撃ち落とされた方が負け。北が勝てば「核・ミサイル保有国」と認め、仲間入りさせる。負ければ核とミサイルを放棄し、今後一切開発しないと約束させる。その代り、国際協調で食料・経済援助を約束する。これで四方すべてが丸く収まる。メデタシ、メデタシ。ちょっと、マンガティック過ぎるかな?(笑い)

2         Photo

« 日本を取り囲む3恐国と獅子身中の虫(下) | トップページ | 復元された大磯「旧吉田茂邸」を訪問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

北朝鮮はサイバー攻撃をかけて外国のBKから億の金を奪いました(疑惑)よね。そんなニュースが流れたと記憶しています。北朝鮮でさえそこまでcpの技術がある。それなのにアメリカやその連合国が貴方のアイデア実行の技術力が無いことがおかしいと思います。本気で考えればできそうなアイデア・・と思うのは素人??
 スパイ大作戦を実行せよ!!

 決闘方式は、ルール違反を平気でする相手では話にならないと思います。
技術を磨くのと同時に、それ以上のルール違反行為の研究をする国柄ではないでしょうか?

 今日のTV「ひるおび」で「金日成、金正日銅像に卵を摸したインクを投げつけた人がいた」と言っていました。捕まれば厳罰(処刑)を受ける恐れがあるのにどんな人が?と心配になりました。独裁政治に不満を持つ人が行動に出始めた??
 捕まらなければいいですね。

コメントありがとうございます、
サイバー攻撃はいいアイデアだと思うんですが、日本の場合、野党やメディアが
「法的にどうだ、こうだ」とゴチャゴチャ言っている間に、北はドンドン開発して
しまうんでしょうね。
北の黒い卵事件。勇気のあるやつが出てきたと思いますね。
そこまで情勢が切羽詰まって来たのか、それとも取り締まりのタガが緩んだか。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/70725569

この記事へのトラックバック一覧です: 核・ミサイル攻撃を防ぐ妙案:

« 日本を取り囲む3恐国と獅子身中の虫(下) | トップページ | 復元された大磯「旧吉田茂邸」を訪問 »