2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 人類滅亡のカウントダウン始まる? | トップページ | 陶芸の郷「長崎県波佐見町」を訪ねて »

2017年5月14日 (日)

相模の国の名刹「日向薬師」を訪ねて

◆大山詣で有名な関東の名峰「大山」(標高1252m)。古来からの修験者の山で、その麓には山岳信仰の名残か、多くの寺社が点在する。東側の麓にひっそりと佇む古刹がある。「日向薬師」の愛称で古くから地元で慕われてきた名刹だ。この日向薬師は716年、奈良時代の高僧行基によって開山されたと伝わっている。修験者の拠点だったこの古刹は、正式には「高野山真言宗 日向山霊山寺 宝城坊」(通称;日向薬師)と呼ばれている。

◆関東で古刹・名刹と言えば「坂東三十三観音」が有名だが、このうち神奈川県に八カ寺ある。うち四カ寺の開祖・開山が行基とされ、いずれも721年~730年代頃の創建とされる。日向薬師はこれらより5年以上早く、最も古い部類に入るだろう。寺格からいっても遜色ないどころか、頼朝・政子との関わり、時の権力者達との関わりなど史実として残っている。そうした日向薬師だが、坂東三十三寺札所に数えられていないのは「観音信仰」ではないからだろうか。

◆この日向薬師に、ここ数年間で2度程訪れたが、改修中のため本堂に入ることはできなかった。宝城坊本堂平成22年11月から6年の歳月をかけて、昨年11月に「平成の大修理」が完了、落慶法要が行われた。たまたま先日機会を得て、ようやく見学することができた。この本堂は室町期の1380年と江戸期の1660年及び1745年に大改修の履歴を持つ。もともと檀家を持たない勅願寺のため、時の権力者の庇護のもとで繁栄してきた。ところが明治新政府の神仏分離政策のため、12あった坊の殆どが廃止され宝城坊だけが残った。また廃仏毀釈運動に遭って多くの仏像等が風前の灯となったが、信仰の篤い地元の村人達がひっそりと秘匿して守ったことが現在に繋がっていると白髪の上品な説明員が語ってくれた。
Dscf2100
境内の「幡かけ杉」(二本杉とも)県の天然記念物で樹齢約800年。


◆明治以降、権力者の庇護がなくなり、加えて檀家・墓地を有しないため、経済的に困窮に陥り、寺の荒廃ぶりは酷かったという。平成18年の調査で大修理が必要と判明。問題は財源だったが、それを救ったのは明治の村人達だった。彼らが守った仏像たちが国の重文に指定されていたため、改修費用の8億7千万円の75%が国の補助金で、残りを県と伊勢原市、そして寺が集めた浄財でなんとか賄えることができたという。

Dscf2097 平成の大修理を終えた宝城坊本堂
 
◆境内に立って目立つのが本堂を覆う茅葺屋根。約1000㎡の広さに厚さ75㎝、重さ50トン。この茅は御殿場で刈り取ったもので、茅代だけで1億円にもなったという。京都から専門の職人を招き、多くのボランティアも参加して葺き替え工事を行ったが、葺き方には地方色が残っているため、地元の古老の意見も反映させたという。全体に荘厳で趣がある建造物だ。本堂の高さは18m、幅23m、奥行き17mで茅葺寺院では関東最大級の規模を誇る。

◆宝仏殿には大きな厨子があり、その中に本尊の薬師如来本尊と脇侍の日光・月光両菩薩(いずれも平安時代)があり、厨子の外側四隅に四天王、また左右に6体ずつの十二神将(鎌倉期)が安置されている。さらに本堂の左右に大振りの薬師如来・日光・月光菩薩脇侍、阿弥陀如来坐像四体(いずれも鎌倉期)が鎮座し、そのすべてが国の重要文化財に指定されている。その他にも鐘楼に架かる梵鐘、厨子、本堂自体も重文に指定されている。いずれにしろ神奈川県の山深い片田舎に平安時代以降の仏教遺産が残っていることが日本の歴史の奥深さを物語っていると言えよう。

Dscf2098 重要文化財の銅鐘

« 人類滅亡のカウントダウン始まる? | トップページ | 陶芸の郷「長崎県波佐見町」を訪ねて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/70562537

この記事へのトラックバック一覧です: 相模の国の名刹「日向薬師」を訪ねて:

« 人類滅亡のカウントダウン始まる? | トップページ | 陶芸の郷「長崎県波佐見町」を訪ねて »