2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 領海、接続水域、排他的経済水域について | トップページ | 憲法改正の是非を考える(1) »

2017年4月27日 (木)

北朝鮮の暴発を止める妙策はあるか

◆朝鮮半島がかつてないほどの緊張感を見せている。北朝鮮、米・韓連合軍とも、まるで戦争が勃発したかと錯覚するようなシーンの軍事訓練を展開し、一触即発の状態となった。日本も米空母「カール・ビンソン」等の打撃軍と海自の護衛艦の共同訓練を今週末にも日本海で行うという。政府は北朝鮮が日本国内にミサイルを発射するなどの事態を想定して、非常警報や避難方法を示唆する。メディアも危機を煽り、わざわざ原発などの危険な個所を教えているようだ。

◆しかし、アメリカ、北朝鮮、韓国、日本、中国、どの国も決定的な戦争への突入は望んでいない。一旦火蓋を切れば一巻の終わりだからだ。朝鮮半島の消滅、日本の破壊、米中も無事では済まされないだろう。何よりも世界経済へ及ぼす影響は計り知れない。それが分っているから、双方とも「やるぞ、やるぞ」と戦力を誇示しながら、寸止めで終わっている。だが、このままの中途半端な状態で北が何もせず、大人しく引き下がるとも思えない。北は「核とミサイル」は伝家の宝刀として手放す訳はなく、今後も質量とも強化を図るだろう。ただそのための資金と石油は必要不可欠だが、それが北の弱点にもなっている。

◆トランプ米大統領の圧力で、中国まで本気で制裁に加担すれば、「窮鼠猫を食む」で、地獄への道連れとばかり、日本や韓国への攻撃は十分にあり得る話だ。そこでよく言われることが、「武力ではなく、話し合いで解決せよ」と誰もが簡単に口にする解決策だ。話し合いの解決とは、外交力で丸く収めるということだろうが、果たして今の日本に北朝鮮と外交戦を交わす力があるだろうか。相手は一筋縄どころか百筋縄でも行かない相手だ。何しろ「核」をチラつかせて交渉するだろう。対等に渡り合える外交力を持っていたら、拉致問題はとっくに解決していたと思う。

◆話し合いをするという事は、相手に何を求めるか、相手に何を与えるか、その辺の軸をしっかり持っていなければ、話し合いも何もあったものではない。日本が北に対して求めるものは「核とミサイルの放棄、もしくは開発・実験の停止、拉致被害者の返還」だろう。北が日本に求めるものは「金正恩国家体制の支持、核保有国としての認知」だ。また「米軍基地を排し、米軍を日本から追い出せ」と言われかねない。さらに「1965年の日韓合意」で韓国に支払ったように莫大な戦後賠償金を要求されるだろう

◆こうした要求に日本が単独で応じることはあり得ない。北はそれが分っているから、「話し相手は日本ではない、米国だ」と言い続けている。平和的な解決を話し合いで模索していくことは何より大切だが、日本は単独では無理だし、国際協調のもとで外交努力を続けていくしかない。アメリカのように武力を背景に圧力をかけ、話し合いで屈服させることが可能なのか。今はそれすら難しくなってきている。こうなると米軍による極秘の斬首作戦に期待するか、国際協調で北の体制崩壊工作を進めて、軟着陸を目指す手を模索するか。この場合鍵となるのは露・中だろう。

« 領海、接続水域、排他的経済水域について | トップページ | 憲法改正の是非を考える(1) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/70396195

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮の暴発を止める妙策はあるか:

« 領海、接続水域、排他的経済水域について | トップページ | 憲法改正の是非を考える(1) »