2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 天皇陛下の退位問題を考える。 | トップページ | 桜は満開になったが・・ »

2017年4月 5日 (水)

桜はまだかいな

4月も5日を過ぎたというのに、ここ小田原の桜はやっと二分咲きか三分咲き。
東京では満開というのに、どうしたことだろうか。
例年、東京とほぼ同時期に満開を迎えていたはずだが、
今年はふざけ過ぎた冬の後で、当てが狂ってしまったのか。

歌心はないが、昔から桜を詠んだ歌は数が多い。すぐいくつか思い浮かぶ。
満開を歌ったものより、散る桜を詠んだものが多いようだが、
桜は散り際がよいということなのか。


・青丹によし 奈良の京は 咲く花の
          にほうがごとく  今さかりなり    小野 老
・いにしえの 奈良の都の 八重桜
          けふ九重に にほひぬるかな    伊勢大輔
・世の中に 絶えて桜の なかりせば
          春の心は  のどけからまし     在原業平
・久方の  光のどけき  春の日に
          しづ心なく  花の散るらむ      紀 友則
・花の色は 移りにけりな  いたづらに
          我が身世にふる ながめせし間に  小野小町
・高砂の 尾上のさくら さきにけり
          とやまの霞  たたずもあらなむ   前中納言匡房
・春風の 花を散らすと 見る夢は
          覚めても胸の さわぐなりけり     西行法師 
・ちりぬべき 時知りてこそ 世の中の
          花も花なれ 人も人なれ      細川ガラシャ (辞世)
・風さそふ 花よりもなお 我はまた
          春の名残を いかにとやせん    浅野内匠頭 (辞世)
・敷島の 大和心を 人問はば 
          朝日に匂う 山桜花          本居宣長


 春爛漫の花の下  花よりもなお お酒かな     昼提灯

Dscf4542
    

 

« 天皇陛下の退位問題を考える。 | トップページ | 桜は満開になったが・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 お久しぶりです。身辺大いに騒動が起きご無沙汰いたしました。
いつもながら、広いご教養に感心しています。
花と言えば桜を指すように、日本人は桜、否「散る桜」が好きなのですね。死ぬべき人間の儚さを知っている、仏教の死生観に影響を受けているせいなのでしょうか。
 今回乳癌の摘出手術を受けました。菩提寺の和尚さんに術前話をしたら「人間は必ず死ぬようにできている、いつまでも生きていると思っているからジタバタする」とさらりと言われて気が抜けました。散る桜を見ていると、命は永遠ではないことを、美しく教えられるから心魅かれるのかもしれません。

 長崎の開花も遅かったです。 ●ほらあそこやっと開いた初桜
 福山雅治君の歌「桜坂」は長崎ではないようですが・・・
                    ●ながさきのあちらこちらに桜坂

 今月の兼題「さくら」に提出した俳句です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/70165727

この記事へのトラックバック一覧です: 桜はまだかいな:

« 天皇陛下の退位問題を考える。 | トップページ | 桜は満開になったが・・ »