2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 韓国に良識はあるのか? | トップページ | トランプの正体はジョーカーだった!? »

2017年1月12日 (木)

天皇の生前退位、政府決断に賛同

昨年8月8日、今上天皇が「象徴としてのお務めについてのお気持ちを表明」され、高齢による生前退位を望む方向を示された。政府は「お言葉」を受けて「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」を設置して、様々な意見を聴取してきた。意見の中には「天皇は生前退位をすべきでない」とか、「現天皇に限り特例を制定することには反対だ」とか、「この際、皇室典範を見直すべきだ」とか侃々諤々の様相を呈し、果たして天皇の生前中に結論が出せるのか疑問にさえ思えた。

ところが1月11日の新聞は平成30年(2018年)12月末で区切りをつけ天皇陛下の退位を実現し、2019年1月1日に皇太子が新天皇に即位、同時に新元号に改める方向であることを報じた。今回この方向が表面化したのは、メディアのスクープか、あるいは政府関係者のリークか。報道では政府も、有識者会議も、宮内庁も「寝耳に水」と恍ける。いずれにしろ、どこかの段階で、誰かが決断しなければ前に進まない。おそらく安倍総理の判断があったことは間違いないだろう。

いままでダラダラした印象があったので、「思い切った決断をしたもの」と大いに評価したい。政府の有識者会議はまだ結論をだしていない。予定では23日に論点をまとめ公表するとのことで法整備として、①皇室典範改正による制度化、②特例法制定、③皇室典範の付則に根拠規定を置いた特例法制定の3点に絞り、その上で「特例法による一代限りの退位が望ましい」との認識でまとめる方向だという。仮にこの方向を示さず、国会に結論を委ねたらどうなったか。恐らく議論が延々と続くだろう。実に旨いやり方だ。

日本人の性向として、ある課題を与えられたらいろいろ議論はするものの、なかなか結論を出せない。一定の方向を示されたら、それに向かって一致して纏まっていくという傾向がある。今回ゴールが示されたことによって、世の中はこれに向かって一気に動き出すだろう。専門家の意見では平成30年を区切りとするならば、まずは国会審議から始まり、法整備、年号の制定など、やるべきことは山ほどあって、残された時間は2年しかなく、ギリギリのタイミングだったようだ。「天皇のお言葉」に沿って、国民の大半は生前退位に賛成しており、これからは円滑な進展を望むところだ。

« 韓国に良識はあるのか? | トップページ | トランプの正体はジョーカーだった!? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 ご意見に賛成です。今日も歌会始の両陛下のご様子を見ていると、御可哀想とさえ思います。生前退位を認めない・・なんて言う人は、自分は死ぬまで働くつもりの人なのでしょうかね。ゆっくりと穏やかな余生を少しでも送っていただきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/69216577

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇の生前退位、政府決断に賛同:

« 韓国に良識はあるのか? | トップページ | トランプの正体はジョーカーだった!? »