2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ポピュリズムの世界的台頭を憂う(後) | トップページ | 行く猿、来る鶏 »

2016年12月29日 (木)

真珠湾の寛容と和解のレガシー

年も押し迫った27、28日の両日、安倍総理がハワイ真珠湾を訪問し、オバマ大統領と75年前の旧日本軍による真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊したことは、世界に向けた平和のメッセージとして大いに評価したい。今年5月、オバマ大統領が慰霊訪問した広島が太平洋戦争の終結の地を象徴するものであるのに対し、安倍さんの真珠湾訪問は戦争開始を象徴する地でもあるから、順序としては逆でもよかった。いずれにしろ、同じ2016年に、しかも大統領の退任直前に訪問したことは、影が薄くなったオバマ氏に脚光を浴びせて、最後の政治的遺産を残す形となり、まさに絶妙のタイミングだった。

安倍さんは演説の中でリンカーンの言葉を引用したうえ、「私は日本国民を代表して、米国が、世界が、日本に示してくれた寛容に対して改めて心からの感謝を申し上げる。(略)パールハーバー、真珠の輝きに満ちたこの美しい入り江こそ、寛容と和解の象徴である。未来の子供達、そして世界中の人々がパールハーバーを和解の象徴として記憶し続けることを願う」と訴えた。確かにアメリカの心の広い許容の精神が、互いの憎悪と憎しみを乗り越えて、未来志向の希望の同盟を築いてきたことは間違いないだろう。

対してオバマ大統領は「国家として、国民として、我々は受け継ぐ歴史を選ぶことはできない。しかし、我々はそこから教訓を選び、それらの教訓を生かして未来を築くことはできる」と述べ、「和解は報復よりも多くの恩恵をもたらす」と語ったことに感銘を受けた。過去の過ちをいくら指摘し、修正せよと迫っても詮無い事。暗に中国や韓国、ロシアの首脳たちに向けて発しているメッセージのようにも思えるが、寛容の精神を持ち合わせない彼らに届くことは無いだろう。

中国や韓国、そして日本の野党までが、「戦争責任に対する反省と謝罪の言葉がない」、「パフォーマンスに過ぎない」といったコメントを発する。安倍総理は昨年4月の米上下院合同会議での演説や8月の戦後70年の首相談話で「痛切な反省と心からのお詫びの気持ち」を表明してきた。問題は口先の表明ではなく、行動でどう表すか、お互いの当事者がどう受け止めるかであろう。今回慰霊の演説後、生存している旧米兵たちと抱擁を交わした。また米兵士の遺族や日系元兵士らも参列し、「首相の行動は単なる謝罪の言葉よりよっぽど重みがある」と語った。こうした事実こそ真摯に受け止めるべきで、未来志向の良好な関係を築くのであれば日米関係こそ良き手本とすべきであろう。

Dscf4132

« ポピュリズムの世界的台頭を憂う(後) | トップページ | 行く猿、来る鶏 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/69038424

この記事へのトラックバック一覧です: 真珠湾の寛容と和解のレガシー:

« ポピュリズムの世界的台頭を憂う(後) | トップページ | 行く猿、来る鶏 »