2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 真珠湾の寛容と和解のレガシー | トップページ | 新年のご挨拶 »

2016年12月31日 (土)

行く猿、来る鶏

今日は大晦日。あと3時間ほどで年が改まる。
猿が去り、鶏が来るという。猿に因む格言・ことわざと言えば、
「犬猿の仲」、「猿も木から落ちる」、「猿に烏帽子」、「猿の尻笑い」など、
あまり良い意味では使われない。
鶏に因む格言・ことわざといえば、「鶏口となるも牛後となるなかれ」など
少しは良い意味に使われることもあるが、「鶏を割くにいずくんぞ牛刀を用いん」、
「鶏鳴狗盗」など、こちらもあまり良い意味には使われない。
いずれにしろ、騒がしい一年が過ぎ、また騒々しい一年となりそうだ。


Photo   Photo_2

大晦日と言えば、年越しそばに、紅白歌合戦。
紅白の音声が流れているが、何十年と見ていない。
見ていないと言うより、見る気がしない。
もうひとつ、大晦日と言えば除夜の鐘
その除夜の鐘が、今年は騒音の苦情がで、昼に衝く寺もあるという。
夜衝いてこそ、「除夜の鐘」だろう。これじゃ「除昼の鐘」だ。
近年何かと周囲がクレームを付け、それが通っちゃうという現象が起こる。
やな、世の中になっちまったね。来る酉年もあまり期待できそうもないね。


Photo_3  Photo_4

« 真珠湾の寛容と和解のレガシー | トップページ | 新年のご挨拶 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/69065486

この記事へのトラックバック一覧です: 行く猿、来る鶏:

« 真珠湾の寛容と和解のレガシー | トップページ | 新年のご挨拶 »