2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「博さんのブログ」を再開! | トップページ | 忙中閑あり(1) »

2016年11月30日 (水)

2020東京オリンピック会場問題

小池都知事が提唱した、2020東京オリンピックの四者協議が公開の場で行われ、会場見直しが議論された。小池氏のブレーン上山氏が組織委員会は「社長と経理部長がいない会社のようなものだ」と評した。それもそのはず、「誰が全責任を持つトップなのか、この一大プロジェクトにどれくらいお金がかかるのか、収入をどう計るのか、まるっきり全体像が見えてこない」と指摘した。確かに全体像が描けぬまま「組織委員会」を立ち上げ、一人歩きを始めたからに他ならない。全体枠が示されないまま計画を進めれば、携わるものはカネのことは二の次に、「より立派な大会にしよう」、施設についても競技団体の意を汲み、「より立派な箱モノを造ろう」とするのは当然の成り行きだ。

こうした巨大なカネが動く大プロジェクトには、ひと儲けを企む良からぬ輩が群がり、ブラックボックスが生まれてくるのは自然の成り行き。すでに国立競技場やエンブレムのやり直しで大きなミソをつけている。もともと招致の段階では、途上国でも立候補できるよう、コンパクトでカネをかけない五輪を、そして復興オリンピックを世界にアピールしたはずだった。
ところが招致が決まったとたん、オールジャパンの一体感はどこへやら。組織委員会は勝手に規模を膨らまし、あるいは膨らまされ、国は形だけの関与、選手育成に関してはJOCや競技団体に丸投げ、その予算も気持ちだけ、「運営費用がオーバーした分は、招致した東京都に請求」、では小池さんならずとも「待った!」をかけて当然だ。
だからこそ原点に返り、2020東京五輪は何を目指すのか、何を残すのか、その理念のもとに全体像を設計し、戦略・戦術を練って、「東京都・国・IOC・JOC・各競技団体・パラリンピック団体・関連協力業者等」を動かし、調整するリーダーが必要になってくる。それは小池さんか?都知事という仕事を抱えては無理だろう。オリンピック大臣か?森会長か?いずれもリーダーとして適任ではなさそうだ。


組織委員会会長はお飾りで良い。立場からすれば組織委員会事務総長に適任を得て、権限を与え、指揮をとらせることだ。過去にはロス・オリンピックのピーターユベロス、大阪万博の堺屋太一のような人材がいた。発足時に慣習にとらわれず民間から抜擢する方法もあったが、今の日本では無理だろう。今となっては、関係者が互いの立場を理解して、初心の理念に立ち返り、一丸となって進むしかない。
小池さんも情報公開と予算の圧縮、そのマインドを高めたという功績は遺した。但し、言い出した手前、有明アリーナの建設を中止して、横浜アリーナに移す案にこだわるとするならば、それは問題だろう。進行中のスケジュールを遅らせたという負の実績を残しただけということになりかねない。発想を変えて有明アリーナは終了後、民間利用、あるいは売却なども視野にいれてもよいのでは。

Photo



« 「博さんのブログ」を再開! | トップページ | 忙中閑あり(1) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/68649663

この記事へのトラックバック一覧です: 2020東京オリンピック会場問題:

« 「博さんのブログ」を再開! | トップページ | 忙中閑あり(1) »