2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 城址公園桜巡りツアーに参加して(番外編) | トップページ | 熊本という県 »

2016年4月17日 (日)

熊本・大分地震に思うこと

山には山の良さがあり 海には海の楽しみがある。
山には山の悲しみがあり 海には海の怖さがある。

都会には都会の魅力があり 田舎には田舎の喜びがある。
都会には都会の憂いがあり 田舎には田舎の苦しみがある。

日本は自然の恵みに溢れ 四季の彩に包まれている。
日本は自然の猛威に脅かされ それは忘れた頃にやってくる。

「火の国」熊本を大震災が襲った。 あまりにも突然に。
人にとっては突然であっても 長い地球の歴史から見れば
瞬きの間の出来事に過ぎない。

被災した人達の悲しみや苦しみは いずれ我が身に
降り掛かってくる。 日本という国土に住んでいる限り。

「保育園落ちた。日本死ね!」と言った若い主婦がいた。
怒りを爆発する気持ちは分らないでもない。
「保育園建設反対」を叫ぶ 近隣住民がいる。
日本の未来を背負って立つ子供の未来はどうでもいいのだろうか。

しかし、「日本死ね」というまでもなく、いずれ日本は死ぬ。
全ての日本人が少なくとも自己中心の生き方を止めようではないか。
生きている間は お互い助け合って生きていこうではないか。

Photo

« 城址公園桜巡りツアーに参加して(番外編) | トップページ | 熊本という県 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

初めまして!
プロフィールを拝見してビックリしました。
博さんというお名前なのでしょうか、でしたら星座・干支・血液型まで同じなのですね。
違うのは出身地と年齢あたりでしょうか、私より一回り人生の先輩何だか気になってお邪魔してみました。

熊本に端を発した地震、地震国日本にいる以上避けて通れないのかと恐ろしくなりました。
やがて首都圏かと思うと決して他人事ではありません。

一日も早く普通の生活が戻ることを願わずにはいられません。

湘南のパパさん
コメント戴きありがとうございました。ハンドルネームから察すると、同じ湘南海岸にお住まいのようですね。「博さん」は略称で正式には上にもう一文字漢字が入ります。なお、出身学校は今年箱根駅伝を二連覇した学校ですが、ひょっとして同窓でしょうか?いつでも覗いてください。

 これまでも小さな地震は経験してきましたが、今度初めて「怖い!」と感じました。机の下に潜ろうか、トイレに避難しようか・・・と考え、結局部屋の角っこに身を縮めました。
2回目は揺れで目を覚まし、やっぱり部屋の角っこで縮こまっていました。長崎は震度5でしたから、熊本の震度7はどれほどかと本当に物心共の被害が思いやられます。その後の状況も同情に耐えません。因みに家の被害は、お位牌さんが仏壇から落っこちただけで済みました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/65020353

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・大分地震に思うこと:

« 城址公園桜巡りツアーに参加して(番外編) | トップページ | 熊本という県 »