2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 2016年が明けました | トップページ | 波乱の申年のスタート »

2016年1月 3日 (日)

祝・青学箱根駅伝二連覇

恒例の新春を飾る箱根駅伝で青山学院大学が、39年振りとなる完全優勝を果たしました。出場10名中、6人が区間賞をとるというぶっちぎりで二連覇。しかも外国人選手は一人もいないオール国産というところが凄い。選手全員からは非壮感とかは全く見えず、楽しんで走っているところがまた凄い。

今回は趣向を変えて、初日往路では5区の神野君を、鈴廣かまぼこの里「千世倭樓」の前で応援。さすがに我が家の前と違って観戦客も多く、北条太鼓の皆さんが太鼓を叩いて、ムードを盛り上げています。鈴廣からは鏡開きの振る舞い酒が配られ、観客は上機嫌。体調が心配された神野君も昨年に続き独走で、あっと言う間に駆け抜けて行きます。

二日目の復路は例年通り、我が家前で応援。7区の小椋君も快調な走りで、さらに差を拡げて行きます。あまりにも差が出来過ぎて、間延びした感じ。接戦を期待する向きには、見事に裏切った感ありで、なんだか申し訳ない感じ。ここまで育て上げた原晋監督の手腕が称賛されるのもむべなるかなという想い。今年も気持ち良く新年を迎えることができました。来年もまた活躍されることを期待しています。


Dscf1265
鈴廣前には現在順位を知らせる幟旗を同店が立てている。

Dscf1270
小田原北条太鼓愛好のグループ。

Dscf1273
中には外国人のメンバーも。

Dscf1281
復路7区小椋君の力走。我が家近くで。

Dscf1284
警備と誘導を兼ねる白バイ。

« 2016年が明けました | トップページ | 波乱の申年のスタート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/63288326

この記事へのトラックバック一覧です: 祝・青学箱根駅伝二連覇:

« 2016年が明けました | トップページ | 波乱の申年のスタート »