« 申年には何があった?-終- (2004年) | トップページ | 小田原提灯作りを体験 »

2016年1月20日 (水)

ようやく富士山らしく

この冬は暖冬の影響か、富士山の初冠雪(昨年10月12日)以降、雪は何度か降ったが、溶けたり、風で飛ばされたりで、純白で荘厳な富士の姿を見せることは無かった。
谷筋には積雪が見られたものの、八合目あたりから黒い山肌が山裾に向かって延びており、まるで破れた着物を着ているよう。
それが18日朝の関東地方に降った積雪で、かなり積もったらしく、今朝になってようやく、青空をバックに、富士らしい富士が姿を現した。富士山はやはりこうでなくちゃ。
風が冷たく澄んで、見通しがよく、背筋が伸びる。


Dscf1285

丹沢連峰も雪を被り、ちょっと見、日本アルプスのよう。こんなに眺望が良いのは年に何日あるだろうか? (手前は大磯丘陵)
Dscf1286

伊豆の方を眺めると穏やかな海に、くっきりと姿が浮かび上がる。左から「初島」、伊東の小室山、大室山、手前が真鶴半島、背後が天城山を含む伊豆の山並み。

Dscf1287

Dscf1288

小田原旧市街の海岸線を望む。
(*写真はいずれも1月20日、10時頃。マンション屋上より)

« 申年には何があった?-終- (2004年) | トップページ | 小田原提灯作りを体験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/63556353

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく富士山らしく:

« 申年には何があった?-終- (2004年) | トップページ | 小田原提灯作りを体験 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ