2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中国の東シナ海ガス田の危険性 | トップページ | 今日から8月 »

2015年7月27日 (月)

暑中お見舞い申し上げます

台風が去り、梅雨が明け、真夏日が到来しました。
猛暑、酷暑、炎暑の毎日。熱中症で倒れる患者のニュースが
連日報道され、海や川では涼を求める老若男女の
水難事故が絶えません。
この暑さに体が付いて行かず、何をやるにも気がそがれてきます。

子供の頃、日射病と言う言葉は聞きましたが、熱中症で亡くなった
という話は聞いたことはありません。水難事故も無くはありません
でしたが、今よりずーっと少なかったように思います。
昭和20年代、30年代にも30度を超える真夏日は結構ありましたが、
35度を超える猛暑日はあまりなかったように思います。

都市化現象、地球温暖化、原
因は色々あるようですが、
この暑さばかりはどうしようもありません。
エアコンを付け、水分を取り、暑さ対策をそれなりにやっていても
睡眠不足と運動不足で、体は鈍ってきています。
気の持ちようが大切と分かっていても、
「心頭滅却すれば、火もまた涼し」なんて心境にはとても、とても。
外で無理ない程度に汗を流し、ビールでクーッと喉を潤す。
あとはぐっすり熟睡・・。これで暑さ対策はバッチリ・・と頭では
分かっているのですが。とにかくお互い体調には気をつけましょう。

Photo 2Photo_2









« 中国の東シナ海ガス田の危険性 | トップページ | 今日から8月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

日射病と熱中症は違うのでしょうか?
多分同じだと思うのですが・・・
しいて言えば熱中症のほうが幅が広い。
炎天下で倒れる日射病のイメージと違って室内でも熱中症になることがあるということでしょうね。
ともあれ今の時期、大切なのは水分補給ですね。
お互い気を付けましょう。

こちらは毎晩水分補給だけは怠りません。
それもただの水ではない。
アルコールで消毒された水で水分補給!
うぃ~!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/60913879

この記事へのトラックバック一覧です: 暑中お見舞い申し上げます:

« 中国の東シナ海ガス田の危険性 | トップページ | 今日から8月 »