« ブラタモリ「鎌倉編」を見て | トップページ | 箱根大涌谷と水族館 »

2015年5月26日 (火)

箱根に行くなら今が好機

◆4月26日、箱根大涌谷で微弱な火山性地震が多発した。以来、通常より多い水蒸気が噴出、5月11日までに計2000回以上の体に感じない微弱地震が発生。さらに周辺の地表が10数㎝膨張したとして、水蒸気爆発の恐れありと大涌谷周辺への立ち入りが禁止された。その結果、箱根全体の観光客が大幅に減少、それらの情報が連日メディアから報道されている。

◆そうした状況の中「実際はどうなのか、この目で見てやろう」と、昨日箱根へ出かけてきた。我が家から渋滞も無い1号線を45分程ゆっくり走って、箱根駅伝のゴール地点の元箱根に着いた。箱根の入り口箱根湯本は普段の半分ほどだろうか。そこを過ぎて山道にさしかかると新緑が目に鮮やかで、凄く気分が良い。普段であればシーズン・インで土日はもちろんウィークデーも結構混んでいる。まして、正月、GW、夏休みの箱根は渋滞で身動きがとれない。ところがこんな騒ぎがあったせいか、どこもかしこも拍子抜けするほどガラガラで、普段の2~3割といったところか。

Dscf1038 芦ノ湖海賊船も普段通り

◆芦ノ湖の海賊船も駒ケ岳ロープウェイも普段通り動いている。もっとも客足はまばらで、ゆったりした気分で行楽できそう。変わったところと云えば、湖尻と元箱根を結ぶ県道75号の途中に大涌谷に向かう分岐点があるが、この付近を通ると普段は感じない微かな硫黄の匂いが漂っている。いかにも温泉地と云う感じがして悪くない。この道に入ると途中で通行止めになっているそうだが、それ以外は全く普段と同じで、むしろ混雑を嫌う向きには絶好のチャンスと言えそうだ。

◆今回の箱根行きは大涌谷にオープンした「箱根ジオミュージアム」が見学不能のため、その展示の一部を「箱根ビジターセンター」に移して展示しているという新聞記事を見て、桃源台近くにある環境省管轄の「箱根ビジターセンター」を訪れたもの。それと、「箱根園水族館」もまだ入館したことがなかったので、ついでに立ち寄った。次回その辺のことについて触れてみたい。

Dscf1004
箱根山全体のジオラマ(箱根ビジターセンターにて)

Dscf1028
箱根園水族館にて




« ブラタモリ「鎌倉編」を見て | トップページ | 箱根大涌谷と水族館 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/60145802

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根に行くなら今が好機:

« ブラタモリ「鎌倉編」を見て | トップページ | 箱根大涌谷と水族館 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ