2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 続・師走になれば・・ | トップページ | シラケた総選挙 »

2014年12月 8日 (月)

秋季皇居乾通り一般公開に参加して

◆ついでがあったので、12月3日から5日間公開された、皇居乾通りを散策してきた。最終日の日曜日とあって人の波は予想以上。報道によればこの日の入場者は約8万5千人、5日間合計約35万人だったとか。皇居前広場を大きく迂回させられ、入場前に手荷物検査とボディチェック、坂下門入門までに約30分。
Dscf0796 坂下門に入る

紅葉のピークはやや過ぎたようだが、公孫樹や楓の紅葉は都心に存在している割にはなかなかのもの
Dscf0827

最も惹かれた場所は「道灌濠」だ。多分戦国時代や江戸時代から、そのままの状態で手つかずで残っているような印象を受けた。
Dscf0811_2 道灌濠

直線750m乾通りを約30分かけてゆっくり散策。一旦乾門から外に出たあと、北桔橋門から東御苑に入り、天守台跡から松の廊下跡辺りを通って、大手門から退出。東御苑は二度目だが、あちこちの石垣は実に見応えがある。これらの石垣群をみるだけでも、かつての江戸城の規模の大きさが偲ばれる。
Dscf0820 乾門外から

Dscf0822 
北桔橋門から平川濠を見る

Dscf0826 天守台の石垣

Dscf0837 大手門近くの石垣

Dscf0844 
和田倉濠に架かる木造の橋と皇居に棲み付いたコブハクチョウ

« 続・師走になれば・・ | トップページ | シラケた総選挙 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/58213375

この記事へのトラックバック一覧です: 秋季皇居乾通り一般公開に参加して:

« 続・師走になれば・・ | トップページ | シラケた総選挙 »