2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 季節の変わり目に | トップページ | 玄関先に蝙蝠が! »

2014年9月 1日 (月)

今日から9月

9月は陰暦で「長月」というが、別名「菊月」ともいうそうだ。
「菊」は季節の花としてはやや早すぎる。それもそのはず、陰暦9月は
現在では10月上旬から11月の上旬にあたるので、
「菊月」の名はまさにぴったりのネーミングだ。
では長月の語源・由来とは何だろうか。
おそらく「秋の夜長が深まるところからきている」のだろうが、
当たらずとも遠からずで、その他にも諸説ある。

まず有力説は夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」とする説。
雨が多く降る時期であるため「長雨月(ながめつき)」とする説。
名残月(なごりのつき)」が転じたとする説。
稲刈月(いなかりづき)」、「穂長月(ほながつき)」の約など種々ある。
やはり、夜長説がもっとも説得力があるように思える。
今年はぐずついたはっきりしない日が続いているが、いつのまにか
秋になってしまったという感じがしてしまう。


◆さて、9月といえば中秋の名月。日本では古来より十五夜の月を「中秋の名月」と呼んで、「お月見」を楽しむ風習がある。今年の中秋の名月は9月8日の月曜日
来週の今日だ。中秋の名月は十五夜というイメージが強いが、本来旧暦8月15日に見える月のことを意味する。旧暦で秋は7月~9月となっており、その真ん中の日が旧暦の8月15日になるため「中秋」と呼ばれているそうだ。新暦では毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってくる。 これは、旧暦と現在の暦の数え方の違いからくるもので、毎年日にちは異なっている。2011~2013年は満月の月だったが、今年から2020年の7年間は完全な満月ではなく、ほんの少しだけ欠けた名月の年になるとのこと。さて、今年の中秋の名月はその美しい姿をみせてくれるだろうか。

Photo

« 季節の変わり目に | トップページ | 玄関先に蝙蝠が! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/57246522

この記事へのトラックバック一覧です: 今日から9月:

« 季節の変わり目に | トップページ | 玄関先に蝙蝠が! »