« キリスト教とイスラム教(2) | トップページ | 最後の文士・尾崎一雄のこと »

2014年9月16日 (火)

中東地域の紛争はどうすれば収まるか。

◆19世紀末、ユダヤ人迫害の高まりの中で、ユダヤ人はもともとの祖国であるパレスチナに戻って、自分達の国を建設しようという運動(シオニズム)が起きる。1948年のイスラエル建国で目的は一応の実現を見たが、新たなパレスチナ問題を惹き起こした。その間、長い間パレスチナで生活してきたアラブ人との間で摩擦が起き、その争いは現在まで引き摺っている。

◆ユダヤ人移住の切っ掛けは、英国の世界戦略の都合によるものだった。第一次世界大戦中、対トルコ戦を有利にするため英国は1915年にアラブとの間に、パレスチナ国家を建国することを承認するその一方で、1917年にはユダヤ人がパレスチナの地に、自分達の国を建設できることを約束するという二枚舌外交をやってしまった。その結果第一次世界大戦でトルコが敗れると、パレスチナはイギリスの委任統治となり、ユダヤ人とパレスチナ人の間に土地を巡り、暴動やテロが続発した。さらに第二次大戦でナチス・ドイツによって数百万人のユダヤ民族が殺戮されたため、ユダヤ国家の必要性が世界中に強くアピールされたからだった。

◆中東地域はパレスチナとイスラエルの土地を巡る争いに加え、イスラエルとエジプトなどアラブ民族との対決、イラン・イラクの宗教対決、石油を巡る欧米資本が絡んだ利権絡みの争い、王政における貧富の格差への反発、欧米支配体制に対する過激派の不満等、70年以上に亘って紛争・戦乱が絶えて無くならない。加えて「史上最大の過激派」とも云われる「イスラム国」の出現である。何故この地域は紛争・戦乱の巣窟なのだろうか?4千年に亘り、複雑に絡み合った中東地域を単純に論ずることはできない。それを承知で、極東の島国の一老人がコメントするなど、おこがましいと言われればそれまでだが・・。

◆ひとつには、この地域の民度の低さ、つまり後進性にある。紀元前まで遡れば、この地域はエジプト文明メソポタミア文明を有する当時の最先端地域だった。ところがその後発生した宗教が大きく影響した。古代ギリシャでは哲学が発生し、ソクラテス、プラトン、アリストテレスらが学問の基盤を打ち出し、欧州発展の礎となった。そして宗教においても1500年代に入ってルター、カルビンらが宗教革命を起こし、旧来のカソリックから離別してプロテスタントを起こした。人々は自己に目覚め、コペルニコスの地動説は科学する芽を植え付け、コロンブス、マゼランらが世界に眼を向けさせた。

◆アラブ地域で偉人と云えば誰を思い浮かべるだろうか。荘厳なモスクの建造物、華麗な幾何学模様、そこから推察すると優秀な数学者がいたことは確かだろうが、あまり知られていない。アラブの富豪というのは今でも多くいるから、金儲けに関しては巧みだった。しかし学問的にはこれという実績は見えてこない。それは旧態依然としたイスラム教という宗教によるものではなかっただろうか。その宗教の持つ戒律が近代化を阻んできたといえるだろう。仏教でも日本において、鎌倉時代にそれまでの貴族の仏教から、民衆の仏教へと宗教革命を起こしている。イスラム教が原理主義に捉われることなく、内部から宗教革命を起こしていたなら歴史は随分変わった方向に動いていただろう

◆パレスチナを追われたユダヤ人はその後世界中に分散していった。20世紀になってパレスチナに戻り、イスラエルを建国したが、一方各地域に残って同化していった人も多数いた。「ベニスの商人」のようなユダヤ人に対する悪評もあったが、概してユダヤ人は優秀だった。その代表はアインシュタインだろう。ノーベル賞は現在までに800人ほどいるが、その20%はユダヤ人で、すべての分野に亘っているという。また有名なところでは映画監督のスティーブン・スピルバーグ、経済界ではグーグル、デル、スターバックス、セガ、トイザラス、リーバイス、GAPなどの創業者はユダヤ系の人達だ。ついでながらデーブ・スペクターもユダヤ系だという。
こうして歴史を見てくると、紛争の解決には遠回りのようだが、イスラム圏諸国は国民の教育の向上、男女平等社会、宗教(イスラム教)の開明化、富の格差の是正、生活水準の向上など、普遍的な民主化を地道に推進することではなかろうか。(終り)

« キリスト教とイスラム教(2) | トップページ | 最後の文士・尾崎一雄のこと »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

住民の意識が変わらないと国は変わりませんよね。その意識を変えるのは教育ですが、イスラム圏の教育改革は難しいでしょうね。勉強したいといった女性が、射殺されそうになった国ですからね。
それに、教育で世の中が変わるには50年かかると聞いたことがあります。非常に残念でもどかしい気がしますが、中東を「世界の火薬庫」と称することはまだまだ終わらない気がします。

的確なコメントありがとうございます。確かに教育改革の前に宗教改革が先決ですね。イスラムの宗教指導者達に豚肉料理を食べてもらえば考え方も変わると思います。何か良い方法はありませんかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/57396537

この記事へのトラックバック一覧です: 中東地域の紛争はどうすれば収まるか。:

« キリスト教とイスラム教(2) | トップページ | 最後の文士・尾崎一雄のこと »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ