2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中国七つの大罪(後編) | トップページ | 荻窪用水を訪ねて »

2014年5月15日 (木)

若田さんお疲れ様でした。

国際宇宙ステーション(ISS)で、日本人として初めて船長を務めた若田光一さんが、14日午前、無事地球に帰還した。本当に御苦労さまでした。ISSで188日の長期滞在を終えて帰還した若田さんは、日本記者団の質問に答え、「今回半年間で地球を3000周くらいした。1周地球を回るのにたった1時間半だが、地球は私達のかけがえのない古里だなあと感じながら、この半年間の仕事をさせて頂いた。ロシア、米国の仲間と一緒に力を合わせて仕事ができたことを、とてもうれしく思っている」と述べたそうだが、船長としての仕事は「」を重視して完璧だったようで、日本人として本当に誇らしく思う。

宇宙飛行士同士は仲よくやっているのだから、G7、G8、国連常任理事国の首脳会談などを一度宇宙ステーションの中でやってみてはどうだろうか。宇宙から見たら、地球表面には国境など見えない筈だから、まさにグローバルな視線で地球の問題を考えることができると思うのだが。

さて、宇宙で若田さんの話相手を務めた小型ロボットの「キロボ」君との別れの会話が新聞に報じられたいた。若田さんが「一緒に帰れなくてごめんね」と呼びかけたら、キロボ君は「気にしないで。僕が乗ると定員オーバーだし・・」とジョークで答えたという。ロボットまで心底日本人なんだね。
これがもし韓国製のロボットだったら・・・「少々の重量オーバーだったら、大丈夫だよ」なんて答えるかな。また、もし中国製のロボットだったら・・・「僕はコピー商品だから、自分じゃ考えできないよ」なーんて言うかも。



Photo     Photo_2

« 中国七つの大罪(後編) | トップページ | 荻窪用水を訪ねて »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/56193768

この記事へのトラックバック一覧です: 若田さんお疲れ様でした。:

« 中国七つの大罪(後編) | トップページ | 荻窪用水を訪ねて »