« 懐かしのラジオ・テレビ番組(3) | トップページ | 音楽と科学の偽装問題 »

2014年4月12日 (土)

憲法9条にノーベル平和賞?

神奈川県座間市在住の一主婦が始めた「憲法9条にノーベル平和賞を」という運動が、現実味を帯びてきた。
「世界各国に平和憲法を広めるため、日本国憲法、特に第9条を保持している日本国民にノーベル平和賞を授与してください」という運動に多くの推薦人(国会議員や閣僚、大学の学長、社会学や歴史学の専門分野の学者、平和や外交政策の研究所長、国際裁判所裁判官、過去の受賞者やノーベル委員会の関係者等)が名を連ね、2万人以上の署名を集めて、ノルウェー・オスロのノーベル委員会に先般提出した。
4月9日、同委員会から「ノーベル委員会は2014年ノーベル平和賞の申し込みを受け付けました。今年は278の候補が登録されました。受賞者は10月10日に発表される予定です」との内容のメールが届いたとのこと。
いやー、全くの盲点だったが、この主婦の目の付け処が凄い。戦後70年近くも日本が戦争をしてこなかったのはまさにこの憲法があったが故であることは間違いない。だとすれば、その平和憲法を守り続けてきた日本国民は確かにノーベル平和賞を受賞する最適各者であると言えるだろう。
仮に日本の平和憲法が、ノーベル平和賞を受賞したとするならば、世界に与える影響は大きい。しかし、中国・韓国は9条2項を取上げ、「戦争放棄を謳い、戦力は保持しない」と言いながら、自衛隊という軍隊があるではないかと騒ぐだろう。
だが、心配するには及ばない。「悔しかったら、自国の憲法を戦争放棄に改めよ」と言えばよい。それでも戦争を仕掛けてくるならば、世界の世論を敵に回す事になるのだから。

« 懐かしのラジオ・テレビ番組(3) | トップページ | 音楽と科学の偽装問題 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/55754262

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条にノーベル平和賞?:

« 懐かしのラジオ・テレビ番組(3) | トップページ | 音楽と科学の偽装問題 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ