2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 橋下大阪市長の辞職に疑問 | トップページ | 都知事選、細川氏の誤算 »

2014年2月 8日 (土)

東京一極集中の怖さ

◆ソチ冬季オリンピックの盛大な開会式の模様がTV画面で流されている。首都圏では16年振りの大雪だという。目前の海の上には雪が斜めに吹きつけ、空と海は一体となって鉛色、この天気は明日まで続くと云う。
明日は東京都知事選が行われる。候補者の一人くらいは「東京一極集中の解消」をテーマに取上げてもよいと思うのだが、そんな勇気のある候補者はいないらしい。

Dscf0310 1号線の松も雪景色

◆殆どの候補者が東京の都市機能の強化、災害に強い都市の構築、オリンピックを梃子に国際都市としての地位向上などをあげている。それはそれで結構なことではあるが、一方ここ数年、東京と地方の格差が拡がり、東京の繁栄の一方、地方の疲弊が進む。
首都圏の都市基盤の老朽化が進み、莫大な修復や整備費がかさむ。その一方でハイテク化された情報化社会にあって、ちょっとした災害であっても思わぬ影響が起こる。今年正月に発生した有楽町駅前のパチンコ屋の火災では、九州の新幹線までストップさせた。まさにその典型的な例ではなかろうか。

◆ましてやここ数十年内の富士山爆発や首都直下型地震、東南海地震の発生が想定され、その対策が急がれている。都市の規模が大きくなればなるほど、一度大災害が発生すれば、機能不全に陥り、首都圏合わせて千数百万人に影響が現れる。さらに日本の政治・経済の中枢機能が損なわれ、日本経済のみならず世界経済に甚大な影響を及ぼす。まさに一極集中がもたらす大きな負の側面だ。いくつかの大企業は首都圏の大災害や自社のシステムダウンに備え、関西方面その他にバックアップ機能を備えたシステムを構築している。
◆国の機能を司る政治・行政の中枢体制はどうだろうか。東京が大震災でダウンした場合、即座に代替機能が果たせる体制を構築しているだろうか。首都機能の分散はかなり以前から言われているが、そのひとつに道州制もある。しかしこうした新しい体制は総論賛成、各論反対で一向に進まない。民主主義の世の中は自由が建前だから、民間だけに任せていては進まない。日本の未来のグランド・デザインを民間の知恵を活かしながら描いて、それを強力に推し進める政治のリーダーシップが求められる。


« 橋下大阪市長の辞職に疑問 | トップページ | 都知事選、細川氏の誤算 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/54908513

この記事へのトラックバック一覧です: 東京一極集中の怖さ:

« 橋下大阪市長の辞職に疑問 | トップページ | 都知事選、細川氏の誤算 »