2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 映画「永遠の0」を鑑賞 | トップページ | 年末の小田原風景 »

2013年12月28日 (土)

安倍総理の靖国神社参拝

  ・・・・・フッー(ため息)・・・、やっぱり・・・・・フッー(ため息)・・・指が重い。 

総理の信念が分からないでもないが、何で年末のこの時期に? わざわざ火種をもちだすこともあるまいに、と思うが、参拝してしまったからには後戻りはできない。

靖国神社参拝問題は国内でも様々な意見があり、歴代の総理の言動がメディアの報道と相俟って、海外まで波及し、特に中国・韓国が外交問題のカードとして利用するようになっていた。
戦後の一時期から、A級戦犯合祀の問題と、戦争を美化するのではないかと疑念を持たれる「遊就館」の存在、さらには問題解決のためのA級戦犯分子の問題、また宗教色のない合同慰霊施設の新設など様々に議論されてきたが、何ら結論を出してこなかったことに問題がある。
この問題は中国や韓国、ましてやアメリカなどにどうこう云われる筋合いの問題ではない。日本が一本に纏まっていないから、隙をつかれて、外交カードに利用されるのだ。日本国内で様々な意見が乱立して、マスコミまで、どこの国のメディアか分からないほど、一緒になって政府を批判しているように見える。結論は日本人が決めること。決めたら一本に纏まって他国に口を挟ませない・・・この態度こそ、今一番求められることではないだろうか。

国民の誰もが平和を望み、戦争など望んでいる訳が無い。その国民が選んだ総理が靖国神社に参拝したからといって、戦争に直結する訳が無い。韓国・中国にとっては平身低頭して過去を誤ってばかりいる総理が良い政治家で、歴史問題や領土問題で毅然とした態度で臨む総理が好戦的で悪い政治家ということなのだ。


« 映画「永遠の0」を鑑賞 | トップページ | 年末の小田原風景 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/54403888

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理の靖国神社参拝:

« 映画「永遠の0」を鑑賞 | トップページ | 年末の小田原風景 »