2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 大船歴史探索(後) | トップページ | スカイツリー見学 »

2013年12月 4日 (水)

久し振りの浅草

話は4日前の11月30日に遡る。 高校時代の在京同窓会が池袋と浅草(二次会)で行われ、20数年振りに参加してきた。池袋を訪れるのも20数年振り。昔、「東口に西武があって、西口に東武があるのはこれ如何?」という古いギャグがあったが、会場となった”スパイス池袋東武”はかつての池袋東武デパート。昔の面影は全く見られず大きく変貌を遂げていた。

二次会の浅草には、最近ではバブル崩壊後のさびれた浅草を訪れたきりで、当時は暗くなると閑古鳥が鳴くほど寂しい街だった。しかし昨今の浅草再興プロジェクトとスカイツリー建設の影響が相乗効果を生み、見事に生まれ変わっている。
現在浅草は外人観光客の人気のスポットで、飛び交う言葉は国際色豊か。暮れなずむ浅草寺の境内は仲見世通りから、本堂にかけて途絶えることのない人の波で賑わいを見せる。まさに島倉千代子の歌ではないが「♪お祭りみたいに、賑やかね~♪」。


新装なった雷門の大提灯、ライトアップされた仁王門、本堂、五重塔は京都・奈良とはまた違った雰囲気を醸し出す。暮色蒼然となった境内からはシックな感じのイルミネーションで飾られたスカイツリーが見てとれる。新仲見世の和食店で二次会が行われたが、卒業以来50年振りに顔を合わす同期生もいて、昔の話に花が咲く。

Dscf0222  
新装なった雷門の大提灯

Dscf0224 
仁王門

Dscf0225  
五重の塔

Dscf0230  
本堂

Dscf0226 境内からスカイツリーを遠望

実は明日、小田原シルバー仲間とツアーに参加して、スカイツリーに登ることになっている。天気の良いことを期待するが、さて?









« 大船歴史探索(後) | トップページ | スカイツリー見学 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/54144914

この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りの浅草:

« 大船歴史探索(後) | トップページ | スカイツリー見学 »