« 消費税増税是か非か | トップページ | いつまで続くこの猛暑 »

2013年8月17日 (土)

中国共産党は自壊する?

◆中国は習近平体制後のこの1、2年のうちに現体制が崩壊するのではないかという見方がチラホラ囁かれている。貧富の格差や役人の不正・賄賂などの横行。環境問題の悪化、異民族自治区における搾取、弾圧など様々な矛盾が次第に表面化しているからだ。また若者の間ではネットを通じて情報交換が行われ、言論統制もかつてのようには効かなくなっている。

◆自分も遅かれ早かれ、中国は今のままでは済まないだろうと思っている。ただ、1、2年の内というのは少々早い気がしないでもない。間違いなくいえることは、中国共産党が複数政党を認め、民主的な選挙をして、穏便平和裏に政権交代を為し得るとは到底思えない。中国共産党の上層部が既得権益を手放そうとすることは考えられないし、仮に「中東の春」みたいに民衆が蜂起して、政権転覆を図ったとしても、現執行部は軍隊を動員して鎮圧にかかるであろうことは、先の天安門事件を見るまでもなく明らかだ。混乱が長引けば彼ら上層部は海外に「不正蓄財した資産」を頼りに、海外逃避をすることも十分に予測が付く。そして軍部主体の軍政の始まりとなるだろう。

◆また若手軍部が民衆と手を組みクーデターを起こす事も考えられる。ただその場合かつての孫文や蒋介石、毛沢東、周恩来みたいなカリスマ性のあるリーダーがいるかどうかだ。
いずれにしろ、現共産党政権が倒れたとしても、その後の中国統治における主導権争いが、ちょうど今のエジプトのように混乱状態に陥るだろう。


◆問題なのは中国共産党政権の崩壊は、単に中国だけの問題に終わらないことだ。世界各国は中国の巨大市場を重視して、競うように資本を投下してきた。そうしたことが中国の政変によって、一朝にして不安定要因となり世界経済を混乱に巻き込むことは避けられないだろう。現政権はこの状況を逆手に取って「現体制が崩壊すると、あんた方も困るだろう。だから、政権維持に協力しなさい」と開き直るかもしれない。いずれにしろ困った問題だ。

« 消費税増税是か非か | トップページ | いつまで続くこの猛暑 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/52913154

この記事へのトラックバック一覧です: 中国共産党は自壊する?:

« 消費税増税是か非か | トップページ | いつまで続くこの猛暑 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ