2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« イスラム圏に生まれなくてよかった。 | トップページ | 「原鉄道模型博物館」を見学して »

2013年6月 5日 (水)

取り締まるところは他にあるだろう!

◆古屋国家公安委員長が4日、記者会見で「交通違反取り締まりの現状について」苦言を呈した。さらに「現状は取り締まりのための取り締まりになっている傾向がある。これは極めて問題。警察の信頼と云う視点からも、ちょっと疑問符がつく。」と云う主旨の発言をした。
もろ手を挙げて大賛成である。全国の警察の総元締めである大臣の発言である。ことは極めて重要だ。現状は取りやすいところから取り、善良な庶民ほど取られる。いわゆる鼠捕りと云う手法で、隠れて取り締まっている。

◆先日、以前右折禁止ではなかった場所で、当然のように右折したら、気が付けば後からパトカー静かについてきた。いかにも慇懃な態度で違反を指摘され、違反切符7000円を切られた。だったら「もっと大きく明確に右折禁止を表示してくれとか、スピーカーで注意喚起してよ」と文句をつけたが後の祭り。それから1~2時間後、近くの別の処を通ったら、やはり捕まっていた車がいた。これでは「鼠捕りをしていた」と云われても仕方があるまい。ここで見張れば必ず罰金が取れるというポイントがあるものだ。

◆ある人が豪語していた。「あんな切符は無視して放っとけばいいのだ。警察は家まで押し掛け、罰金の取り立てはしない。そのうち時効になる」と。しかし現在はオンラインの情報化時代だ。次回免許更新の際、その記録は残っているだろう。
そんなことより、交通事故の減少に注力するのが警察の役目だろう。そのためには事故多発地帯で、常時見張りをするのが最も効果的だ。古屋国家公安委員長の発言でどうかと思うところがある。「最高速度が時速50kmで、片側2車線の直線道路での20kmオーバーのスピード違反の取り締りへの疑問」だった。確かに自然とスピードがでる。そういうところは制限時速を60kmにあげればよいのではないか。

警察に一番望むことは、住宅地近くを走る有料道路、広域道路で、無謀運転のオートバイの集団(50~100台になることも)の取り締まりだ。特に休日前夜の真夜中、休日の昼下がりに集中しており、耳をつんざくけたたましい爆音と、ジグザグ運転で善良なドライバーに迷惑をかけている。それ以上に、近くに住んでいる我ら住民にとっては犯罪行為以外の何物でもない。このような無法者を取り締まらないで、どこが世界一安全な国といえようか。

« イスラム圏に生まれなくてよかった。 | トップページ | 「原鉄道模型博物館」を見学して »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/51918569

この記事へのトラックバック一覧です: 取り締まるところは他にあるだろう!:

« イスラム圏に生まれなくてよかった。 | トップページ | 「原鉄道模型博物館」を見学して »