2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 箸墓古墳と卑弥呼のこと | トップページ | 今日から3月、春一番。 »

2013年2月28日 (木)

2月も今日で終わり

例年になく寒い日が続いた2月も今日で終わる。殆ど雪を見ないここ小田原でも、
一度だけ日中の降雪を見たが、積もることは無かった。
ただ、霜柱が立ったり、薄氷が張った日もあったので、やはり今年の冬の寒さは
格別だったのだろう。

青森県八甲田山の酸ケ湯では、現在ある気象庁の観測地点として最高の積雪
となる5.66mを記録したという。酸ケ湯温泉といえば、9年前の夏、千人風呂で
有名な混浴温泉に入ったことがあるが、湯治客が多く健康そのものだ。
新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨」にも出てくる古くからの温泉場で、主峰
大岳(1584m)の西側中腹、標高900m地点にあるから、日本海からの大雪を
もろに受ける大自然の吹き溜りのようなところ。
夏の穏やかな天候から、想像を絶する白い魔の世界に豹変するのも、あの
映画を見ただけにある程度理解できるが、実際にそこに立って見なければ
本当に理解したとは言えないだろう。

明日から弥生三月となる。そういえば今日はやっと春の到来を告げるかの
ような、暖かい1日だった。三寒四温はしばらく続くだろうが、細長い日本列島。
「早春賦」の歌もまだまだ南から北へ北上しながら歌われ続けることだろう。

« 箸墓古墳と卑弥呼のこと | トップページ | 今日から3月、春一番。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/49722953

この記事へのトラックバック一覧です: 2月も今日で終わり:

« 箸墓古墳と卑弥呼のこと | トップページ | 今日から3月、春一番。 »