« 新年雑感 | トップページ | たわいのない話 »

2013年1月 8日 (火)

2020年東京オリンピックの招致成功を祈る。

◆7年半後のオリンピックは東京の他にマドリード、イスタンブールが立候補、招致合戦は大詰めを迎えている。9月にアルゼンチンで行われるIOC総会で最終決定するが、その決定に大きな影響を与えるのが、開催候補地での国民の支持がどれだけあるかがポイントだと云われている。そしてその調査が覆面形式でこの1~2月に行われるそうだ。

◆前回、開催地決定で大きく後塵を拝したのがこの支持率の低さだった。今回はロンドンオリンピックでの日本選手の活躍もあって、前回よりは上回っているものの、他の二都市に比べて20ポイント程低い。いくつか要因が考えられるが、まず日本人の国民性があげられる。
二者択一を求められた場合、「どちらでもない」と黒でも白でもない曖昧な回答をすることが往々にしてあることだ。「謙譲の美徳精神」が沁み込んでいるのかもしれない。西欧人にはYES以外はすべてNOにカウントされる。日本人は概して自己主張が弱いのが弱点になっている。


◆次に、約50年前に東京オリンピックが行われた昭和39年はまさに高度経済成長期のただ中にあり、国民が一つの目標に向かって纏まりやすい下地があった。現在はある程度豊かになったものの、成熟化した社会にあって価値観は多様化し、国の目指す方向は定まらず、一口で云えば「シラけた社会」になってしまった。ニュース番組で街の人が差し出されたマイクに向かって「大震災からの復興が先だろう」とシラけた感じで語っていたのが気にかかる。

◆猪瀬都知事が経済効果はもとより、閉塞感からの脱却など声を大にして訴えているが、50年前に東京オリンピックを肌で感じた自分にとっては、あの雰囲気を今の若い人たちに体験させてあげたいと思うのだ。大震災からの復興も逆に弾みが付くだろう。そのためには国民がひとつになって招致活動に賛成の意思を表明することが不可欠になる。

Dscf3706  
水仙(推薦?)

« 新年雑感 | トップページ | たわいのない話 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

昭和39年に開催された「東京オリンピック」時はまだ20代の
若僧でしたので開会式しか見ていませんでした。
是非2020年に東京に誘致して欲しいものだ。ちょうど私は
80歳になる。まだ生きているはずで 開会式やバレーボール・
サッカー・体操・水泳などなどたくさんの競技を見たい‥と
願っている。9月の開催地決定が待ちこがれている・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/48650202

この記事へのトラックバック一覧です: 2020年東京オリンピックの招致成功を祈る。:

« 新年雑感 | トップページ | たわいのない話 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ