« 高校の音楽の先生とWhite X'masの思い出 | トップページ | 南足柄「四福寺巡り」 »

2012年12月11日 (火)

寒波到来ー富士山冬景色

北国から早くも大雪の知らせが届いている。比較的温暖な小田原でも朝夕の
冷え込みは厳しくなってきた。空気が澄んで遠くの山並みがくっきりと浮かび、
富士山は毎日秀麗な姿を見せてくれる。
1日の富士山の姿を、時間を追って撮ってみた。


Dscf4361
朝日に映えて、うっすらピンク色に染まった富士山(6:50am)

Dscf4364
お昼前の富士山(11:50am)

Dscf4368_2
夕暮れの富士山(4:50pm)

写真右の山は矢倉岳(標高870m)で、写真中央の稜線辺りが足柄峠だ。
標高は759m。鎌倉時代以降、箱根路は鎌倉古道や東海道がメインルート
になるが、古代、奈良・平安時代はこの足柄峠を越えるルートが関東と
畿内・東海を結ぶ主道路だった。今でもその一部が足柄古道として残って
おり、ハイキング道路にもなっている。


足柄峠には「足柄万葉公園」、「足柄之関所跡」、「足柄城址」などの史跡
があり、この峠を越えると静岡県の御殿場方面にでる。
足柄万葉公園には万葉集に詠われた足柄古道に関する7つの歌碑が
建っている。万葉時代の人々はこの東国と西国を分ける足柄峠に立って
みて、様々な感慨に耽ったのだろう。この足柄峠からは富士山、足柄平野、
相模湾が眺望できる。
奈良時代に編纂された「万葉集」には九州の防衛に徴発された防人や
その家族達の哀歓を詠ったものが数多く載せられていることは
高校の古文で学んだところだ。



« 高校の音楽の先生とWhite X'masの思い出 | トップページ | 南足柄「四福寺巡り」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/48287872

この記事へのトラックバック一覧です: 寒波到来ー富士山冬景色:

« 高校の音楽の先生とWhite X'masの思い出 | トップページ | 南足柄「四福寺巡り」 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ