« 悲観主義と楽観主義 | トップページ | 「悲観主義と楽観主義」(続き) »

2012年8月 4日 (土)

オリンピックのジュードーはツマラン!

大滝秀治じゃないけど「ホントにオリンピックのジュードーはツマラン!」
「チマチマ、セコセコして、ありゃ柔道着を着たレスリングじゃ。おまけに審判まで
なっとらん。あんなもんが日本の柔道と云うのなら、オリンピックから要らん!」と
言いたいところ。

確かに腰を曲げ、手四つで頭をくっつけている姿はレスリングそのもの。襟を
取らせない。 組合わそうとしない。わずかなポイントを狙い、ポイントを取って
しまえば逃げ切りを計ろうとする。これが本当の柔道だろうか。

この際、日本国内だけでも嘉納治五郎が始めた講道館柔道の原点に帰って、
柔道の精神から学び、正々堂々技を競い合う本来の柔道に戻ってはどうか。
まず正面から堂々と互いに十分に組みあってから「始め」の合図でスタート。

素人が見ても分かる「綺麗な1本」で勝負は決する。時間に制限は設けない。
せいぜい「合わせ技1本」までとして、「ユウコー」や「コウカ」などセコい技は
一切取らない。従わないものにはイエローカードやレッドカードで退場。
1本決まった時の形が格好いいから、日本に修行に来た外国人にも支持される。
次第に本来の柔道が再び世界に普及していく。青い道着もどうかと思う。
道着は白に限る。畳みの色は黄色じゃないはずだ。JUDOはJODO、
柔道は柔道、全く別物だ。なーんて柔道には素人の年寄りの「たわごと」と
思うなかれ。スカッとした柔道を見たいだけじゃ。

« 悲観主義と楽観主義 | トップページ | 「悲観主義と楽観主義」(続き) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

スポーツそのものがあんまり好きじゃないから、オリンピックもほとんど見てないけど、ニュースで必ず流れるからチラチラとは情報も耳に入ります。
 「参加することに意義がある」「全力で戦う」は何処かに行って、「勝たなきゃ!意味が無い」「金を取らなきゃ」に変わってきてますよね。
中国とどこだったっけ?負けようと画策した試合がありましたね。観客を馬鹿にしてる、オリンピックの精神が解ってない!!と、スポーツ音痴の私でも思いました。一つの競技に一国から2チームが出る意味って何?
 有効や効果を数人の判定に任せ、抗議でひっくり返る判定って何?仰るように、万人が観て解る基準にしてもらいたいです。
 
 柔道も醍醐味が無い!

バドミントンでしたか、中国と韓国の選手が次の試合を考えてわざと負ける。眼が肥えた観客からブーイング。審判団も失格を宣言。当然のことですよね。フェアープレーの何たるかを教育していないんですね。同じ東洋人の中国、韓国から出たこと自体情けない。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46572005

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックのジュードーはツマラン!:

« 悲観主義と楽観主義 | トップページ | 「悲観主義と楽観主義」(続き) »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ