« 竹島問題と尖閣諸島問題 | トップページ | 2050年の世界 »

2012年8月23日 (木)

箱根森林浴

◆一昨日、残暑厳しい中、シルバー仲間数人で箱根の桃源台から大涌谷まで森林ウォークに出かけてきた。大涌谷には車やロープウェイで何度も行っているが、歩いて登るのは初めて。交通が発達しているので、こんなところを歩く酔狂な人は少ないだろう。陽射しは強いものの、高原だけあって空気は爽やか。ここまで来ると蝉の声は殆どしない。姥子からの山道は自然道の登り道なので結構きついが、森林の中だから意外と気持ちよい。

Dscf4160  姥子から大涌谷への登り道

◆大涌谷に着くと夏休みということもあって、相変わらず人でごった返している。しかもあちこちで訳の分からない言葉が行き交っている。ここまでくると、もう一足伸ばして例の温泉黒卵を買いに数十m登る。ここから見上げると、いやでも目前に急峻な山が立ちはだかっている。箱根で2番目に高い山、標高1409mの冠ヶ岳だ。一番高い神山(1438m)は冠ヶ岳の向こうになり、ここからは見えない。帰りにロープウェイから下をのぞくと、温泉のボーリングや、大雨による山崩れなどで、あちこちに山肌が露出している。

Dscf4161  温泉卵を茹でる硫黄の白濁温泉

Dscf4162  大湧谷から望む冠ヶ岳

◆昼食は混んだ観光地は避け、小田原に戻って(実はこれが目的だが)、行きつけの居酒屋に直行。この店は年中昼から夜までやっている。最近ではオバ様グループ、シルバーグループなどでウィークデイでも結構入っている。シルバー世代は夜よりも昼過ぎから夕方の時間帯がニーズに合っているということだろう。巧い所に眼を付けたものだ。誰かが言っていた。運動して1kg痩せても、ここで2kg太ってしまい元に戻るのに1週間かかってしまうそうだ。確かに言えている。

« 竹島問題と尖閣諸島問題 | トップページ | 2050年の世界 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46800075

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根森林浴:

« 竹島問題と尖閣諸島問題 | トップページ | 2050年の世界 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ