2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 長崎の精霊流し | トップページ | 決められない政治の原型 »

2012年8月16日 (木)

八月十五日の喧騒

◆毎年8月15日は310万人に上る戦没者を慰霊する「全国戦没者追悼式」が行われ、戦争犠牲者の冥福を祈る式典が行われる。二度と戦争を行わない不戦の誓いを新たにする神聖な儀式であればこそ、静かな穏やかな1日であるべきなのに、中国や韓国の穏やかならざる動きで、なにやらキナ臭い匂いがしてくる。むしろこの記念式典に両国の首脳を招待して、一緒に平和を祈願しようと提唱すれば一笑に付せられるだろうが、現状のままで良かろうはずがない

◆むしろこの時期を狙ったように韓国大統領の竹島上陸、香港の反日団体の尖閣諸島への不法上陸、当然ながらそれに対する沖縄県警や海上保安庁の現行犯逮捕。中国も韓国もあの手この手で挑発を繰り返し、国際紛争問題に拡大しようと躍起になっている。特に許せないのは李明博大統領が天皇陛下の訪韓は「謝罪が条件」との発言。国内の人気取り発言とは承知するが、天皇陛下が訪韓を希望するとも何とも言っていないのに、無礼にもほどがある。支持率低迷の悪あがきとは云え品格が疑われる。

◆またこの日、やれ○○大臣が靖国神社を参拝したとか、しないとかことさら騒ぎ立てるのがメディアの慣行になっている。まるで靖国神社に参拝することが「悪」であるかのような印象を与えかねない。政治家も「みんなで参拝すれば怖くない」とばかりグループで行動する。こんなことは個人の自由、放っておけば良いのだ。わざわざ報じるから、中国や韓国が騒ぎ立てる。どうせグループで行動するなら尖閣諸島に上陸し、2~3日野宿して日本の行く末をじっくり考えてもらいたいものだ。 

◆近年「韓流ブーム」とかで、ヨン様だ、K-ポップスだ、韓流ドラマだと日本は自然と韓国文化を輸入してきた。私はこのブームに関心は無く、こんなことで韓国の日本に対するイメージが大幅に良くなるとは思っていなかった。彼らの本質は子供の頃から日本に対する敵愾心を植え付けられているので、国民が内政に対して不満を持つ時に、そのハケ口として竹島や歴史問題が利用されるように仕組まれている。隔靴掻痒という言葉があるが、このもどかしさを如何せん。

« 長崎の精霊流し | トップページ | 決められない政治の原型 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

香港の反日団体の尖閣諸島への不法上陸とは良く出来たストーリーで香港に半日団体など存在出来ません。中国が表に出ないための隠れ蓑で、中国上層部も失敗したら失脚します。それを避けるために上陸部隊を反日団体として作ったものです。皆本当のことは言わないのです。急に起こった中国の反日でもこれも全て作り物です。これで明日釈放されたらご苦労さんでおしまいです。しかも今回、寄航を許可しなかった台湾の旗まで立てて来たという茶番劇です。このような事を繰り返して実績を作ろうと言う。粘っこいやり方です。アメリカもこの問題にはタッチしないと宣言しています。どうするの日本。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46713056

この記事へのトラックバック一覧です: 八月十五日の喧騒:

« 長崎の精霊流し | トップページ | 決められない政治の原型 »