« 遅すぎた「平成維新」 | トップページ | 中学2年生いじめ自殺問題 »

2012年7月19日 (木)

残念!長崎西高県大会予選惜敗

◆梅雨明けの猛暑とともに、全国の高校野球県予選大会も熱を帯びてきた。
母校長崎西高も1、2回戦を大差で勝ち進み、大いに期待を持って朝の新聞を
開いていたが、残念ながら3回戦で強豪佐世保実業に2対1で惜敗した。ここま
での選手達の活躍を称えたい。


◆それにしても5月19日に行われた「第14回生卒業50周年記念古希同窓会」の
ことが思い出される
。(弊ブログ、5/22及び7/12関連記事ご参照ください)
この時、記録カメラマン役をかって出て、膨大な記録写真と映像をDVDに収めた
「川内工一」さんは、実は我々が高校3年の時、野球部でエースピッチャーを務め
決勝戦まで進出。残念ながら、当時甲子園常連組の海星高校に一歩及ばず、
夢を断たれた。卒業後彼はプロ球団に入団。カメラで撮られる側から今は趣味
が嵩じたのか、撮る方に回ったようだが、もともとサービス精神が旺盛な人柄

だったのだろう。(使用写真は川内さん撮影のもので、許可を得ています)

R0016058
体育館前で記念撮影。運動場が随分狭くなっていました。

R0016074  
右端で帽子を被っているのが川内さん本人

◆今回80歳を過ぎて、我々の卒業50周年記念古希同窓会にご参加くださり、
音楽の復活授業をされた旧姓荒木先生は、当時甲子園出場を果たし「西高
の校歌」が、NHKの電波に乗って全国放送されることが夢だといつも仰って
いた。それくらい素晴らしい歌詞とメロディだと私も思う。


R0015906
楽しかった復活授業風景。ピアノの前が旧姓荒木先生

長くなるが長崎西高校歌を紹介します。不思議な事に校名はどこにも入っていないのだ。

 (1)眸をあげよ涯遠く  風かがやかし丘の上
   こころは清く凛として  眉秀でたる若人よ
   自律の園をまもらずや  自律の園をまもらずや 
   ああ新生の歌声に  わが山々よこだませよ

 (2)明るき学園の窓ひらく  白雲に映る空青し
   眼はひろく陰翳なく  自由にたてる創造の
   叡智は薫るかんばしく  叡智は薫るかんばしく
   ああ若々し学舎に  行く白雲よほほ笑めよ

 (3)入江は深き新潮に  世界の船の集いきて
   文化の黎明あらしめし  歴史は旧りず永遠に
   平和の鐘は鳴りつづく  平和の鐘は鳴りつづく
   ああ美しき長崎の  夢あたらしく花さけよ      

« 遅すぎた「平成維新」 | トップページ | 中学2年生いじめ自殺問題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46381679

この記事へのトラックバック一覧です: 残念!長崎西高県大会予選惜敗:

« 遅すぎた「平成維新」 | トップページ | 中学2年生いじめ自殺問題 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ