2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« ロンドンオリンピック始まる | トップページ | 今日から8月 »

2012年7月29日 (日)

オスプレイ是か非か

◆米海兵隊の新型輸送機オスプレイが国民の大多数の反対を押し切って、岩
国基地に陸揚げされた。開発から日も浅く事故が多いうようである。今後国内
各地で飛行訓練をして最終的に沖縄普天間基地に配備されることだが、当然
ながら沖縄県をあげて反対運動が起こるだろう。そもそもオスプレイは老朽化し
た大型ヘリにとって代わるものだが安全が不安視されている。


◆海兵隊は海外で紛争が勃発したらいち早く現地に駆け付け、米国人の救出
を第一の目的とするので、防衛と云うより攻撃の性格が強い戦略的部隊だ。
沖縄でオスプレイの配備を強硬に拒否したら、沖縄に海兵隊を置く必要が無く
なり、グアムかどこかに移転せざるを得なくなる。そうなれば普天間基地の存在
も意義が薄れ、念願の日本への返還も可能となり、「願ったり叶ったり」というこ
とになるかもしれない。


◆しかし東シナ海はもちろんのこと、西太平洋に進出して影響力を目論でいる
中国にとっては、沖縄に米海兵隊がいなくなれば、これ幸いとばかり、我が物顔
で海軍を尖閣諸島に出没させ、実効支配を目指すだろう。 と云うことは今後尖
閣諸島の領有を保持するには、米軍の力を頼りにせず、日本が独自で領有を
守らなくてはならない覚悟が必要になる。当然ながら海上保安庁の力だけでは
不十分であり、海上自衛隊の常備警護が重要となる。


◆と言って、双方の睨み合いが続くと一触即発の事態も予想され「憲法九条」に
違反する恐れがでてくる。ここはニューヨークタイムズやワシントンポストに事の
真相を継続的に訴え、世界の世論を味方につけることが肝要であろう。高度な
外交戦略・戦術の展開が必要となるが、今の日本は果たして大丈夫か。

« ロンドンオリンピック始まる | トップページ | 今日から8月 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46500701

この記事へのトラックバック一覧です: オスプレイ是か非か:

« ロンドンオリンピック始まる | トップページ | 今日から8月 »