2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 「長崎西高」の思い出 | トップページ | 残念!長崎西高県大会予選惜敗 »

2012年7月13日 (金)

遅すぎた「平成維新」

◆今から20年ほど前、大前研一氏が著した「平成維新」を読んで大いに感銘を
受けた。明治維新、戦後の大改革に次いで「平成の大改革」を為さなければ、
この国は立ち行かなくなるという趣旨に立って、官僚支配の中央集権から地方
分権へ、道州制の導入はじめ、規制緩和、原発設計に携わった経験から発送
電分離制度など日本を良くする80以上の提言を行っていた。果てには国の形
を顕す「憲法の全条文見直し案」など、今ならごく普通の提言だと思えることば
かりだが、結局現実の政治は何ら変わることなく、むしろこの20年の間に後退
した感がある。


◆しかしここに来て、現実の政治がやっと本書の内容を理解し始めたのか、少
し変化が見えてきた。大前さんの提案が20年早すぎたのか、日本の政治が20
年遅れたのか。日本が軌道修正すべき時に世に出されたのだが、政治も世論
も結果的に無視し、全く活かされなかった。あの時、政治家が、国民が20年後
の日本を真剣に考え、行動していれば・・と悔やんでも始まらないが。


◆大前さんはその後、新自由主義を標榜する市民団体「平成維新の会」を設
立し、一時政治の世界に進出を試みたが「出る杭は打たれるという」通り様々
な形で中傷や足を引っ張られ、結果的に失敗に終わった。最近大阪の橋下市
長が「大阪維新の会」を立ち上げるに当って名称のことで大前氏に接触して、
交流を深め、政策的にも非常に影響を受けていると新聞が報じていた。大前氏
は橋下氏の信念、行動力、実効力を高く評価、大阪市民が彼に大統領型の指
導者像を求めていることに一定の理解を示している。


◆橋下氏が最近あれだけ反対していた大飯原発の再稼働を容認したのも、
野田さんの政治手法を「着実に進め、決める政治をしている」と評価する発言
をしているのも彼自身が国の政治の現実を見る目が変わったのか、その陰に
は大前さんらの影響があるのではと推察されている。


◆ただ、橋下氏が主宰する「維新政治塾」に関してはこっぴどく批判していた。
全くその通りで、衆院選候補者選択の第一条件が選挙資金1000万円を自前で
調達できるかどうかだという。さらに二十日大根じゃあるまいし促成栽培の候補
者養成など、現実の政治を知らなさすぎる。目標通り300人の候補者を立て、ブ
ームに乗って200人が当選したとする。(その可能性が無いとは言えない)その
結果、比較第一党になって政権を担当せねばならなくなる。困るのは他ならぬ
橋下ベイビーズ達だ。昨日までの素人が海千山千の中央官庁の役人の上に立
ってリードできると真に受けているのだろうか。国民も不幸になる。


◆今、橋下氏がやるべきことは大前氏も述べている通り、まず大阪市や大阪府
をピカピカに仕上げる事。次に中央政治に進出しようとするならば、船中八策の
ような中途半端な政策はやめて、大前氏や堺屋氏をブレーンとした政策の旗を
揚げ、民主党、自民党、公明党のリベラル派がこの旗の下ならば結集できると
いう形にまとめ上げ、接着剤に徹することだ。出来れば選挙前に新党を立ち上
げれば最高だが、まずは緩やかな連合からスタートすべきか。地に足が付いた
地道な活動から始めていけば、次々回あたりから総理待望論が出てこよう。

« 「長崎西高」の思い出 | トップページ | 残念!長崎西高県大会予選惜敗 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ヒロさんの政治評論は、国会中継やTV討論より解りやすくて庶民の私にはストンとはいってくる。
政治家の深長なのか自己防衛なのか曖昧な言葉、カーブや隠し玉ではなく直球で解りやすい。
 政治家も、素直にわかりやすい正直な言葉を発してもらいたいですね。

匿名さんへ。コメントありがとうございます。昔から「岡目八目」と云う言葉がありますが、対局者より傍で観ている方が先が読めるという意味らしいですが、責任がないので面白い見方ができるという方が自分にはピッタリのようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46308679

この記事へのトラックバック一覧です: 遅すぎた「平成維新」:

« 「長崎西高」の思い出 | トップページ | 残念!長崎西高県大会予選惜敗 »