« 残念!長崎西高県大会予選惜敗 | トップページ | 原発再稼働問題 -1- »

2012年7月22日 (日)

中学2年生いじめ自殺問題

◆連日のようにマスコミで報じられている大津市の中学2年生男子生徒いじめ
自殺問題。追い打ちを駆けるようにその他の県でも表面化してきた。この問題は
何も今に始まったことではない。6年前にも、連続いじめ問題が社会問題となり、
80年代半ばにも全国的に見られた。この問題は第一義的には生徒間の問題で
あり教師、学校側、教育委員会を含めた教育行政の問題であることは確かだが、
それだけに押しつけて済む問題ではない。「いじめは生徒間の問題であり、そん
な事に関わっている余裕はない」と豪語したある教師の発言には唖然とさせられ
た。いじめ問題の根は相当深く、突き詰めていけば、その本質は現代大人社会
の問題に起因するものと思われる。


◆「いじめ」とは強者が弱者に対してやる行為で、その反対はあり得ない。時に
複数で一人をいじめ、最近では金の問題も絡む犯罪もどきのものもあるという。
子供は社会の姿を映し出す鏡のようなものと云われるが、今の日本は強者は
益々強く、弱者は益々虐げられる社会構造だ。ホームレスの高年男性が中学
生らに集団暴行を受けた事件もあった。そいう行為が人間として卑劣な行為で
あると云う事を今の子供達は教えられていないのか。


◆リストラで職を失い、生活保護を受ける人達が増え、正規社員の削減、派遣
社員の増加で就職は困難さを増す。こうした社会では未来に希望を持てない人
達が増え、人心は荒廃し、社会の秩序を率先して守るべき公務員(警官、教師
政治家)や大人達の破廉恥な行動が目立つようになってきた。特に児童ポルノ、
性と暴力を扱う猥褻図書等が教育上良かろうはずがない。反論を唱えれば、「や
れ言論の自由の侵害だ」などと抜かす輩が必ず出てくるのが今の日本の現状だ。


◆まず正すべきは現代社会の公序良俗の復活。政治の貧困を無くし、失業者を
減らす事。それには政治の信頼が先決だ。「百年河清」を待って、政治が良よく
なり、その結果いじめが無くなるか? 何も今の子供に「昔の道徳教育をやれ」
と云っているのではない。我々が子供の頃「道徳」の時間はあったが、何をやっ
たのか全く覚えていない。社会構造の変化が昔のような教育が無理である事は
百も承知だが、まず教師の質を高める事、幼時からの情操教育、偉人達の伝記
物語を学び、学年の横の繋がりだけでなく、地域の縦の繋がりなど、参考にすべ
き点は昭和30~40年代の教育にあるように思うのだが・・。

« 残念!長崎西高県大会予選惜敗 | トップページ | 原発再稼働問題 -1- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46419716

この記事へのトラックバック一覧です: 中学2年生いじめ自殺問題:

« 残念!長崎西高県大会予選惜敗 | トップページ | 原発再稼働問題 -1- »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ