« 原発再稼働問題 -3- | トップページ | 箱根の五百羅漢・・長安寺 »

2012年7月25日 (水)

原発再稼働問題 -4-

◆福島原発事故の大きな原因の一つに、長年の産官学からなる「原子力ムラ」
の存在が指摘されてきた。即ち経産省の下にアクセルとブレーキ機能を持つ
組織を置き、電力業界と官僚と学会が天下りを繰り返す慣れ合い構造があった
ことも明らかになった。新たな原子力規制組織はその構造を排除し、中立で公
平な「原子力規制委員会」を発足しようと与野党がやっと合意した。政府は9月
3日の発足を目指して、厳正中立な立場から5名の人事案を選定したが、事前
に新聞報道されたとして自民党などが反発し、またまた9月3日の発足が遅れる
見込みだと云う。


◆この人事は日銀総裁、人事院総裁等と同じく国会同意人事で、2007年10月
に「提示前に人事が報道された場合は原則として受け付けない」という取決め
になっているが、今回の場合人事の難しさを考慮し、衆参両院の議運委員長
がこの人事に限り、事前報道があっても容認すると合意していたという。


◆結局人選の中身より、「国会への提示前に報道されたら認めない」という自
分らの論理とメンツでしか問題を捉えていない。もとを糾せば民主党が参議院
で野党第一党になったとき要求してできたルールで、09年の通常国会までに
のべ28人の人事案を否決し、当時の自民党は相当苦しめられたという経緯が
あったという。今の自民党は「江戸の仇を長崎で」とばかり、意趣返しをしている
ようなものだ。


◆民主党も与党になって始めて、野党時代の横暴に気付くことが山ほどあった
であろう。手痛いしっぺ返しだが、与野党の我儘で原子力行政の空白が続くこと
の方がこの国にとって最大の不幸なことだ。新しいルール作りに10か月程度
かかると見られ、「態勢作りの遅れ」から原発再稼働の判断の遅れに繋がり、
電力不足などの形で国民生活を直撃する可能性があるという。どっちにしても
政治家達のやることはスピード感がない。(この稿終わり)

« 原発再稼働問題 -3- | トップページ | 箱根の五百羅漢・・長安寺 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46456217

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働問題 -4-:

« 原発再稼働問題 -3- | トップページ | 箱根の五百羅漢・・長安寺 »

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ