2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 原発再稼働問題 -1- | トップページ | 原発再稼働問題 -3- »

2012年7月24日 (火)

原発再稼働問題 -2-

◆毎週1回総理官邸前に集まって「原発再稼働反対!」を叫ぶ人達の行動は
心情的には理解できる。しかし、果たしていつまで続くだろうか。昔から「安保反
対」で国会議事堂を取り巻く大デモ行動や、「原潜寄港反対」で大騒動となった
横須賀や佐世保のデモ騒動、また大学紛争で世の中が騒然となったことがあ
ったが、いつのまにか、為る様になっていくのが世の習いだ。


◆しかし今回の行動で鳩山元総理が出て、マイクを持ってアジっていたのには
唖然とさせられた。政権交代後、日本を悪くした一方の張本人が何の反省もなく
大衆迎合をしているのだ。できもしないマニフェストに依然こだわり、普天間基地
問題で日米関係を悪化させ、沖縄県民の不信を買い、同じ与党にいながら離党
せず、内閣不信任案に賛成しようとしている。さらに悪いのは今度の衆院選には
出馬しないと公言しながら、やはり出ると云う。
やる事なす事、シッチャカ、メッチャカ。そういえば良く見ると片方の眼は宇宙を
見ているようだ。早くどこかの宇宙に帰った方が本人のためでは?


◆政治家を自負するなら、ちゃんとした実行可能なエネルギー政策を打ち出し、
その中で原発をどうしていくのか明確に打ち出さなければならない。大衆と一緒
になって「再稼働反対」を唱えるだけでは、高額な議員の給料が泣くというもの
だ。原発問題は福島原発事故の原因究明なくして政府の再稼働ありきも問題
だが、当面の対策、中長期に亘るエネルギー政策を打ち出す事も大切だ。


◆この場合「再稼働反対」という意見は全原発即時廃棄を言っているのか、安全
対策を見ながら徐々に廃絶していくのか、自然エネルギーだけでいこうとするの
かよくわからない。どうも情緒的にしか考えていないように思えてならない。
エネルギー政策は家庭内の電気だけの問題ではないのだ。自然エネルギーは
太陽光や風力など原料が無限で、ただであるのに何故電気料が高くなるのか。
日本が必要とする電力を100%賄えることができるのか?こうした大局的な見地
から科学的、合理的、経済的に総合的に判断しなければならない。
表には出ない「国民の声なき声も大切」なのは歴史が教えている。

« 原発再稼働問題 -1- | トップページ | 原発再稼働問題 -3- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46445933

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働問題 -2-:

« 原発再稼働問題 -1- | トップページ | 原発再稼働問題 -3- »