2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 中学2年生いじめ自殺問題 | トップページ | 原発再稼働問題 -2- »

2012年7月24日 (火)

原発再稼働問題 -1-

◆先日、7/21(土)NHKスペシャル番組「メルトダウン連鎖」は、今まで明らかに
されてこなかった事実を300人の証言をもとに再生ドキュメント化したもので、衝
撃的なものだった。ここで明らかになったことは、こうした極限での過酷事故を
想定した訓練が全くなされておらず、現場では必死に対応策を模索するも、右往
左往する姿とともにリアルに描かれていた。原子力発電所の全体設計が大津波
を想定した設計になっておらず、細かい部分の配管や部品が地震の揺れによる
破損の可能性も否定できていない。以前から専門家らが指摘していた問題点を
改善し、事故を想定した訓練を着実に実行していれば、大量の放射能放出は避
けられたと結論付けていた。


◆事故調査委員会は「東電」、「民間」、「国会」、「政府」と四つの機関から報告
されたが「東電」の報告は論外として、共通して云える事は、官邸の対応の仕方、
保安院の無能、原子力ムラの慣れ合い・甘さ・過信、など人災の部分が大きい
としている。また、1年数カ月かけてもまだ事故の全容は正確に究明されていな
いという事実は大きい。


◆奇しくも今から50年前、昭和37年に国産第一号の原子炉が運転を開始した。
以来、米ソで大きな原発事故が発生したが、地震国日本では過酷な事故は発生
してこなかった。そこに過信と慢心が生まれ、利権構造と相俟って、原子力の真
の怖さを置き去りにしてこなかったか。国民も電力とは、水力も火力も原子力も
同じ電気を産むものとして特に意識せず、水や空気のように当り前のようにスウ
ィッチを入れれば、そこにあるものとして利用し、享受してきたのだ。


◆このことは3・11の事故さえ無ければ以前と変わらず、原発を意識せず、享受
しているはずである。昨年の原発事故はキリスト教でいう神の啓示ととるべきか
それとも自然科学の技術を最高レベルに向上し、二度と人災による失敗を繰り
返さぬよう努めるべきか、もっと専門家による議論を高めるべきだが、現実は
総理官邸を取り巻いて「原発再稼働反対!」と叫んでいる人達だけが、クローズ
アップされているようだ。果たして、これが国民の全ての声だろうか?(続く)

« 中学2年生いじめ自殺問題 | トップページ | 原発再稼働問題 -2- »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1299847/46442663

この記事へのトラックバック一覧です: 原発再稼働問題 -1-:

« 中学2年生いじめ自殺問題 | トップページ | 原発再稼働問題 -2- »